なんでもまとめ速報

リニューアルしました。 ゲームだけではなく、他のオモシロかったものにも記事を上げていきやす!!!

    とある魔術の禁書目録

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/02/16(土) 05:02:24.80 ID:MkMOvR4I0

    佐天「いえ、見つけた途端、物凄い形相で追いかけて電撃飛ばしてたので…」 

    美琴「え…あ、私そんな事してた?」 

    佐天「自覚なかったんですか!?」 

    美琴「その…ただ、会えたのがう、嬉しくて…」 

    佐天「…は?」 

    美琴「だ、だから!嬉しかったの!でも、その…何かアイツの前だと素直になれなくて…つい」 

    佐天「え、えぇぇぇぇ!?好きだったんですか!?あの態度で~!?」 

    【佐天「御坂さん、あの人の事そんなに嫌いなんですか?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/02/27(木) 02:44:05.80 ID:cSYk/R1Zi

    佐天「貴方が第一位の?」 

    一方通行「アクセラレータですゥ」 

    佐天「えぇと、はじめまして」 

    一方通行「こちらこそ」 

    打ち止め「なー!なんで見知らぬ娘と楽しくお話ししてるのってミサカはミサカは」 

    一方通行「うるせェぞ、クソガキ」 

    打ち止め「」 

    佐天「あの、そんな酷い言い方しなくても…」 

    一方通行「そうだなァ。ラストオーダー、悪かった」 

    打ち止め「」 

    【佐天「第一位が私にだけ素直になる能力?」一方通行「うン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/29(日) 18:50:38.68 ID:vyKHgp9X0

    上条「いいぜ! やってやるよ! っらぁ!」 ドカッ! 

    インデックス「うぐっ!?」 ガクッ 

    インデックス「う、ぐ……う……っ」 ぱさっ 

    上条「うわっ! 服がばらばらに! み、見てません! 見てませんよ!」 あたふた 

    インデックス「うえっ! おえぇ!」 ゴボッ ビチャッ 

    上条「あ、さっき食わせた焼きそばパン」 

    インデックス「おえっ。うえぇ……」 ビチャッ ビチャッ 

    上条「えっと拭く物を……この服だった布、使わせてもらうぞ」 フキフキ 

    インデックス「げほっ。げほっ。っ……な、何で……?」 

    上条「何でって、何が?」 

    インデックス「何でおなっ、げほっ。お腹、殴ったの?」 

    上条「え? だって、お前が壊してみろって……」 

    インデックス「触るだけで……ぐ……よかったんじゃ……」 

    上条「ああ、まあ。ちょうどいい位置にあったから、つい」 

    インデックス「うぅ……」 

    【インデックス「右手の力が本当なら、この歩く教会を壊してみせなよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/02(日) 23:37:18.37 ID:B1sQwn+co

    黒子「そうですの。最近、また昏睡状態になる人が急増しまして…」 

    黒子「その人たちの容態から見て、あのレベルアッパー事件の時と非常に酷似しているとカエル顔のお医者様が」 

    御坂「そんな!あの事件の首謀者の木山はもうそんなことは…」 

    黒子「ええ、この事件に木山が関与していないことは立証できていますの」 

    御坂「だったら一体誰が!?」ガタッ 

    黒子「──それが今のところは全く…」 

    御坂「そんな!」 

    【御坂「レベルアッパー事件??」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/25(土) 00:42:12.21 ID:DoL1D4mX0

    上条「……ハッ!?」 

    上条「………っ」キョロキョロ 

    上条「……また『暗闇の世界』か」 

    上条「流石にいまの世界はキツかったぞ……くそっ」 

    上条「さっきから変な世界を作ってはこの世界に戻しての繰り返し……、わけがわかんねぇぞ……」 

    上条「それよりもオティヌスの奴はどこに……」 

    オティヌス「ここにいるぞ」ヌッ 

    上条「っ!?」 

    オティヌス「そうすぐに構えるなよ」 

    上条「てめぇ……」 

    オティヌス「まあ『この世界』で目が覚めてすぐ私の姿を探してくれるとは思わなかったぞ。少し嬉しいじゃないか」フフッ 

    上条「ぐっ……」 

    オティヌス「……なぁ、上条当麻」 

    上条「………なんだよ」 

    オティヌス「私のモノになれ」 

    上条「っ………」 

    【上条「魔神系ヤンデレ」】の続きを読む

    このページのトップヘ