なんでもまとめ速報

リニューアルしました。 ゲームだけではなく、他のオモシロかったものにも記事を上げていきやす!!!

    泣ける話


    引用元:(⊃д`) せつない想い出 その2 (´・ω・`) 
    http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1079060188/

    461: おさかなくわえた名無しさん 04/03/19 19:37 ID:Ggp1HKyt
    新婚旅行に行きました。3年前。 
    私も旦那も初めての海外旅行。本当に初心者で、わくわく。格好も身なりも斜め掛けショルダーに 
    帽子、なんていういかにもな海外旅行客。 

    免税店がありました。いろんなブランド物のバックが売っていました。 
    馬鹿な事に私たちは免税店が偽物を売ってる店だなんてこれっぽっちも思ってませんでした。 
    旦那は「お母さんにはこれを、お父さんにはこれをあげるんだ」とにこにこ 
    値切ってみたらあれよあれよと値切られていく。でも店には「J○B指定店」とかいてあるし・・・。 
    旦那に「なんかおかしくない?」と聞いたら「何が?」と言う。保証書もないし、怪しい。 
    本物か?と聞くと本物だというし・・・。 
    私はこっそり旅行会社に電話をして○○って店でブランド物のバックを買ってるのですが本物なんでしょうか? 
    と言うと、「申し訳ございません、そのような事は一切お答えできません」一点ばり 
    私は鳴き声で(恥ずかしい)「わたし、初めてで海外旅行。わからないんです。ブランドのバックを買うのなんて初めてで・・・・・」 
    何度も懇願しても結局教えて貰えなかった。 
    店に戻ると彼はおみやげをたくさん買っていた。私は偽物かもしれない、と言えなくて黙っていた。 

    その後おみやげは彼の父母にわたりとても喜んでくれていた。

    【新婚旅行で私も旦那も初めての海外。免税店が偽物を売ってるなんてこれっぽっちも思ってませんでした】の続きを読む

    引用元:今思い出しても切なくなる思い出 2回想目
    http://life7.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1146990645/

    34: おさかなくわえた名無しさん 2006/05/15(月) 21:42:10 ID:52p0HaYC
    家にいたネコは今は亡き親父が拾ってきた。道で目と目があってそのまま社宅のアパートに連れてきた。 
    それから何年かすぎ、A棟の3階からC棟の1階まで引っ越すことになった。
    ネコが迷うんじゃないかと心配したが、ネコは躊躇なく1階の新居を覚えてしまった。 
    3階にいた時は、首輪をつけて散歩してたが1階なのでネコは自由に社宅の庭で遊んでいた。 
    またしばらくして、他の区へ引っ越したが、また家をすぐ覚えた。 
    寝てるときに名前を呼ぶと、尻尾をバタバタさせ、違う名前だと無視していた。 
    親父が倒れ家でリハビリするようになってからは親父のそばから離れようとしなかった。 
    6月の梅雨入り前の初夏の柔らかな日差しの日。 
    ベランダの座布団の上で日向ぼっこしてたネコが死んでいた。 
    25年の天寿をまっとうした。 
    昔の写真には、まだ元気だった親父と半ズボンの俺と子ネコが写っている。 
    写真を見る度に、ささやかな平和な日が続いていたあの頃を懐かしく思う。
    【写真を見る度に、ささやかな平和な日が続いていたあの頃を懐かしく思う】の続きを読む

    引用元:(⊃д`) せつない想い出 その2 (´・ω・`) 
    http://life3.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1079060188/ 

    612: おさかなくわえた名無しさん 04/03/22 11:48 ID:E5oMeQ3U
    うちの父は何だか変な性格で、全然家庭人じゃない。 
    家のことなんて全くしない。 
    子供のようにわがままで、嫌なことがあるとすぐだんまりを決め込む。 
    私に対しても甘やかしたと思うと、いきなり叱り飛ばしたり 
    とにかく気難しい。 

    反抗期だった私はなんであんな性格なんだろうね、やってらんないよ~、と母に言ったら 
    「A子(私)も一人前の年だから…」と母が話し出した。 

    父の父親は戦争で亡くなった。父の母はそれが元で 
    精神がおかしくなり、父の姉と父を連れて 
    線路に飛び込んで心中を図った。助かったのは5~6才の父だけ。 
    それからは知合い中をたらい回しにされ、いじめられ、 
    大変な少年時代を送ったらしい。

    【お父さんはA子が生まれた時、「天涯孤独な自分にも家族が出来た」って泣いたんだよ】の続きを読む

    360: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/12(水) 10:30:53
    土曜日、一人娘の結婚式だったんさ。 

    当時俺25歳、嫁33歳、娘13歳。 
    まぁ、要するに嫁の連れ子だったんだけど。 
    娘も大きかったから、多少ギクシャクしながらも数年過ぎた。 
    子供はあえてつくらなかった。 
    収入の問題もあったけど、娘の気持ちを考えたら、 
    子供は娘1人いればいいって事になった。 

    突然嫁が交通事故で逝った。 
    娘17の時。 
    突然2人きりになった&現実味がなくて二人して呆然。 
    これからどうしようと思った。 

    【【涙腺崩壊】娘は嫁の連れ子。…嫁が事故で逝った。29歳の俺と17歳の娘を残して。】の続きを読む

    このページのトップヘ