なんでもまとめ速報

リニューアルしました。 ゲームだけではなく、他のオモシロかったものにも記事を上げていきやす!!!

    中国

    元スレ:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1390311561/

    1 ◆c7UNierYy2 @おなきっつぁんφ ★2014/01/21(火) 22:39:21.22 ID:0
    中国に最も友好的だった国は日本!?示された9つの根拠にネットユーザーも納得、「たしかに日本はいつもそうだった」―中国 

    XINHUA.JP 1月21日(火)0時43分配信 

    釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)の問題などをめぐって中国と日本の関係は過去数十年で最も冷え込んでいると言われる。 
    しかし中国旅游研究院(観光研究院)がこのほど発表した2013年の中国人観光客満足度調査によれば、日本を訪問した中国人の満足度は 
    依然として高かった。多くの中国人が「観光などの経済と政治は切り離して考えるべきであり、日本の一般市民はとても友好的だ」と指摘している。 

    こうした中、中国のインターネット掲示板には18日、「実は日本は地球上で最も中国に友好的な国だ」とする書き込みが現れた。 
    その根拠としているのは、以下のような9つの点だ。 

    (1)日本の指導者はこれまでに中国が会うべきでないとする人物と会っていない 
    (2)中国の内政について勝手気ままに論じたことがない 
    (3)人権問題などで中国を攻撃したことがない 
    (4)長期にわたって世界最大の対中援助国、対中投資国である 
    (5)台湾問題など敏感な問題で中国を攻めたことがない 
    (6)何が起こっても、米国に追随して反中的な訴えをしたことがない 
    (7)世界各国が中国を制裁しても加わらなかった 
    (8)中国に対して表明したことは実行する 
    (9)在日中国人に対して差別や制限、攻撃をしたことがない 

    書き込みの主はさらに、「中国に対してこれほど友好的な国は日本以外にない」とも指摘した。 

    こうした意見に対して他のユーザーからは共感の声が続々と上がった。 

    「そういう気がする」 
    「米国やインドネシアでは中国人排斥の運動があったけど、日本では戦争の時期も通じて、ないな」 
    「昔あったネギ騒動以外、中国製品への貿易障壁もない」 
    「世界が中国を制裁した時に日本は参加しないで、高官が中国を訪問したりしたな」 
    「大昔の元寇の時、日本人はモンゴル人を殺し、漢族は労働させたものの殺さなかった」 

    (編集翻訳 恩田有紀) 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000001-xinhua-cn 
    【中国人「あれ?ひょっとして中国の最大の友好国って日本じゃね?」】の続きを読む

    index

    また中国です。( ´・ω・)y─┛~~~oΟ◯

    引用元  
    http://amaebi.net/archives/2128663.html 【日本「国連常任理事国じゃないのに負担金が多い」→中国元外相「日本はウソ八百を主張している!」と不思議な批判】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/13(月) 09:01:42.18 ID:???0
    中国が日本の安倍晋三首相の靖国参拝を国際イシュー化して効果を得ている。
    一等功労者は自国の外交力を背景にした海外駐在大使による「蜂の群れ攻撃」だ。

    これは対日外交問題で、外交部や関係者の論評程度で対応していた既存方式とは全く違うもので、
    今後の他の外交問題でも国際世論戦を強化するという示唆に見える。

    中国外交部によれば昨年12月26日、安倍首相が靖国参拝をして以降12日まで全32人の海外駐在の中国大使が
    40回余りにかけて対日非難の立場を発表した。主に現地報道機関とのインタビューまたは寄稿、メディア責任者との面談、
    専門座談会、記者会見、公開場所での見解発表などの方法を活用した。

    単一外交問題でこれほど多くの海外駐在中国大使が見解を表明したことは初めてだ。

    まず日本駐在の程永華大使が口火を開いた。彼は昨年12月30日、日本の毎日新聞社への寄稿文で
    「戦犯が合祀された神社で、どうやって戦争をしないという誓いができるのか」として安倍首相を非難した。

    さらに崔天凱駐米中国大使も3日の記者会見で「安倍首相が靖国参拝をするのは歴史上、
    確固不動な結論をひっくり返すということだ。安倍首相が今後、神社参拝をするしないに関係なく、それに対するいかなる期待も失った」と攻撃隊列に合流した。

    そして10日には米国・ロシア・カザフスタン・エクアドル・モルドバ・ルーマニア・カンボジアなど7カ国の駐在大使が
    安倍首相を非難する文を同時多発的に寄稿して蜂の群れ攻撃に出た。

    同日、英国BBC放送では劉暁明中国大使と林景一日本大使が、「つい立て」つきのインタビューも行なった。
    両国大使が互いに向き合うことを拒否したために作られた史上初のつい立てを挟んだ対談が行なわれたのだ。
    当時、劉大使は「歴史の学習を失敗した者は、それを繰り返すだけ」とチャーチル元英国首相の話を引用して直球を飛ばした。

    中国の前例のない大使の対日非難戦は、米国でも肯定的な反応を勝ち取った。
    http://japanese.joins.com/article/482/180482.html?servcode=A00&sectcode=A00

    【【国際】 中国大使32人、安倍首相を蜂群れ攻撃 「国際世論戦」】の続きを読む

    <事件まとめ> 

    ・中国共産党首脳の一人が石油設備の予算から1兆7000億円をネコババ 

    ・PM2.5が発生し、多くの人民が肺がんになった、交通警察官は平均寿命40歳という異常事態に 
    【【速報】 中国共産党幹部、1兆7000億円を横領したことが判明!! 死刑にしなければ、民衆の不満は収まらない】の続きを読む

    このページのトップヘ