なんでもまとめ速報

リニューアルしました。 ゲームだけではなく、他のオモシロかったものにも記事を上げていきやす!!!

    痛い

    おーぷん2ch

    1: :2014/12/06(土)22:21:05 ID:

    とりあえず一発やってシャワー浴びて、上がった。
    声掛けてもシカトwwwどーしよ…
    このままバックれたい
    【出会い系で会ったメンヘラ女とラブホにいるんだが】の続きを読む

    ◇修羅場◇part96
    toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1274343957/

    223: 恋人は名無しさん 2010/05/28 18:50:27 ID:/fTgMdii0

    さくっと投下。ところどころフェイク入ってます。 

    俺…フツメン。何から何まで普通 
    A子…中学時代の同級生。俺が昔好きだった子 
    B男…A子の婚約者 
    C男…A子の元彼 
    彼女…俺の彼女。 

    お盆に実家に帰った時に中学時代の仲間から 
    「飲み会やろう」と誘いがあって指定された居酒屋に行った。 
    クラスのほとんどの奴らがいて、同窓会のようなノリでした。 
    その中にA子もいた。A子は俺がやってた部活のマネでもあり、可愛くてクラスでは人気があった子。 
    俺は告ったけどふられ、A子はC男と付き合った。 
    飲み会で俺、A子、C男と顔を合わせたけど別に気まずくも何ともなく、 
    みんなそれぞれ今は相手がいるし、 
    A子「婚約したんだ~」 
    俺・C男「いいねえ。式の二次会には呼んでよ、盛り上げるよ」 
    なんて話をした。 
    A子「じゃあ連絡するかもしれないからメアド教えてくれる?」 
    俺・C男「いいよ」 
    ってな流れで、三人でアド交換した。
     
    【昔の人気者が同窓会で過去の栄誉を思い出し、暴走、婚約破棄された】の続きを読む

    1 シューティングスタープレス(愛知県)2014/01/23(木) 08:05:08.83 ID:J2mThOmSP
    安倍晋三首相は22日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加している各国メディア幹部らとの会合で、昨年末に靖国神社に参拝した理由について 

    「いわゆるA級戦犯を称揚するためではない。そこには(戦争の)ヒーローがいるのではなく、戦争に倒れた人々の魂があるだけ。憎しみもないし敵意もないし、人を辱めようというつもりはない」と述べた。 

    中国メディアが「戦争犯罪者を英雄だと思っているのか」と質問したのに答えた。 

    首相はさらに「ただ魂を慰霊したい。その人たちに感謝したいという思いがあるだけ。国のために戦った人に手をあわせるのは、世界のリーダーの共通の姿勢だ」と説明。「二度と再び戦争の戦禍で人々が苦しむことがない世界をつくりたいという思いだ」とも述べた。 

     出席者から尖閣諸島をめぐる中国との軍事衝突の危険性への認識を問われると、首相は「軍事的衝突は日中両国にとってダメージだ」とした上で、「偶発的な衝突が起こらないようにすることが重要だ。コミュニケーションチャンネルを作ろうと申し入れている」と述べた。 

    朝日新聞社 

    0140122at72_t
    【【朝日新聞】「ネトウヨザマーw安部首相『靖国にヒーローは居ない!』だってさwww」→2chの反応が予想外で煽り失敗】の続きを読む

    204: 恋人は名無しさん 2010/06/20 22:04:14 ID:tTgkbfz+0

    大学の時の修羅場。 
    うまくまとめられる自信がないが、だいたいのとこを吐き出してみる。 

    俺は地元じゃなく日本地図でいったら三県ほど離れた県の国立大に進学した。 
    一人暮らしてみたかったし、個人的にあこがれの作家の出身地で住んでみたかったから。 

    大学でサークルに入って、A子と知り合った。 
    A子は地元の高校からその大学に進んだ子で、大学自体もそのサークルも 
    A子の高校→この大学というルートで進んだ子がわりと多かった。 

    A子と俺はわりと早い段階でいい感じになったんだが 
    一緒に同サークルでA子と同じ高校仲間だったB子、C子、その他男どもとも 
    自動的に知り合いになった。 

    秋あたりから俺とA子の仲は急接近して、 
    A子から「付き合っちゃいますか!」と言いだされ 
    俺「そうしますか!」と答えて、付き合うことになった。ここまではまあ普通。

    【田舎の大学のお友達ごっこに付き合わされた修羅場】の続きを読む

    このページのトップヘ