0_e

 ジャンプしなくてもゴールに手が届くレベル。米フロリダ州に住む高校生、フォール・タコ君(Tacko Fall 18歳)は、全米の高校生バスケットボール選手の中で一番背が高い。NBAのプロバスケットボール選手の平均身長が2メートルだから、それをはるかに上回る。



 両手を横に広げたときの幅はなんと242㎝。靴のサイズはシャキール・オニールと同じ41㎝。先シーズンでは1試合中平均11.1得点、5リバウンド、1.3ブロック、21試合でダブル・ダブル(1人の選手が、得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロックショットの5つの項目の中の2つで2桁を記録すること)を達成している。

3_e

2_e
via:mashable

 今後の課題は神に与えられたその身長をいかにプレイに生かすかとなってくるが、既にプロからの誘いをうけており、将来、フォール君のプレイをテレビで見る日も近いのかも。

1_e

 黒子のバスケはもちろん、、あひるの空も連載が再開されたことだし、バスケットボール業界からは目が離せない感じなんだ。