1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 20:37:37 ID:BGwgJV640

サスケ「まだ寝てんのかコラァ!」ドンドン 

ガチャ 

ナルト「サスケ…!!?」 

サスケ「なんだやっぱり寝てやがったのか!さっさと準備しろ!」 

ナルト「サ…サスケ!戻ってきてくれたのかってばよ!」 

サスケ「ああ?何言ってんだオマエ?」 

ナルト「おまえってばイタチへの復讐のために木の葉を抜けて…!」 

サスケ「なんだ?夢でも見てたのか?それより今日から夏休みなんだ、寝てるのはもったいねえぞ」 

ナルト「ど…どういうことだってばよ!?」



ナルト、ポーズ、背景白 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 20:43:40 ID:BGwgJV640

テクテク 

ナルト「なんだってばよコレ!?俺がいた世界と違う!」 

サスケ「なんだァ…記憶でも飛んだか?未成年の飲酒はよせって大蛇丸のおばさんのおっさんがいつも」 

ナルト「道は灰色で固いし…鉄の箱は走ってるし…どこだってばよここは」 

サスケ「木の葉町だろが」 

ナルト「何だどうなってるんだってばよ…」 

サスケ「クソ暑い夏休みを有意義に過ごすために小学校のプールに向かってんだよ」 

ナルト「小学校?」 

サスケ「オマエ本当にどうしちまったんだァ?」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 20:48:38 ID:BGwgJV640

ナルト「柵の中に人がいっぱい…あ!シカマルたちだってばよ!おーい!」ザッ 

シカマル「ん?」 

ガンッ 

サスケ「どうしたナルトォ!いきなりフェンスに激突するなんて!」タタタ 

ナルト「痛いってばよ!痛いってばよ!」ゴロゴロ 

シカマル「もしかしてジャンプで飛び越えようとしたのか!?無理があると思うぜ…」 

いの「どうしたのシカマル…ってナルト!?どうしたの!?」 

サスケ「フェンスに斜め45度で勢いよく突っ込んで支柱にデコぶつけたんだ」 

いの「何考えてんの!?」 

ナルト(運動能力まで落ちてる!?なんてことだってばよ…!) 

シカマル「フェンス越しの会話もなんだし、はやく着替えてこいよ」 

サスケ「ああ、そうする。行くぞナルト」


13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 20:55:02 ID:BGwgJV640

更衣室 

ナルト「へんな臭いがするってばよ…」クンクン 

サスケ「塩素だろ。この臭いをかぐと夏が来たって感じがするよな」 

ナルト「…くせえってばよ」 

サスケ「人の臭いやらも混じってるだろうからな。いい匂いはしねーさ」 

ナルト「でも、嫌いじゃねー…」 

サスケ「俺もだ。夏を連想するからかもしれねー。…さて、準備はいいか?」 

ゴソゴソ 

ナルト「うーん。とりあえず水着にはなったってばよ…」 

サスケ「よっしゃ、じゃあ早速行くか」


16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 20:59:58 ID:BGwgJV640

シャー 

ナルト「つ・つべてえってばよ!こんなの浴びてたら凍えちまう!!」ガクガク 

サスケ「が、我慢しろ!学校のプールのシャワーは極寒だと相場は決まってる!」ブルブル 

ナルト「はやく日光を浴びるってばよ!」ダッ 

サスケ「あっ気を付けろそこは…!」 

ナルト「ぐああ!」ザパン 

サスケ「足消毒用の塩素エリア…って遅かったか…」 

ナルト「オエエ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:08:06 ID:BGwgJV640

ナルト「ゲホゲホ」 

サスケ「大丈夫かよ…」サスサス 

いの「あっ!遅かったじゃなーい」 

シカマル「今度はどうしたんだナルトのやつ」 

サスケ「うん、ちょっと消毒漕で泳ぎの練習をな。せっかちでよ」 

シカマル「あの水はそんなに綺麗じゃねーと思うぜ」 

ナルト「わざとじゃねえってばよ…」ケホ 

チョウジ「そんなに急ぐとすぐお腹減っちゃうよ」 

シカマル「おめーはプールに来る前に牛丼2杯食ったろうが!」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:14:35 ID:BGwgJV640

ナルト「やっぱ外は暑いってばよ…早く水に」 

リー「いけません!」バッ 

ナルト「ゲジマユ!」 

リー「水に入る前には準備体操です!」シュビ 

サスケ「いや、もう十分温まってるから必要な…」 

シカマル「めんどくせーけどやっとけよ。怪我予防だろ」 

サスケ「仕方ねーな。おいナルト、準備運動だ」 

イッチニッ サンッ シッ 

ナルト「…なんだってばよこれ…」イッチニ!


22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:18:42 ID:BGwgJV640

ジャバジャバ 

ナルト「この球遊び楽しいってばよ」ボスッ 

サスケ「フン、知らねーのかナルト。ビーチバレーっていうんだぜこりゃ」ポンッ 

シカマル「ビーチじゃねーし水の中だから水球に近いけどな」ポーン 

リー「ハイヤッ」ビス 

いの「あっ」 

テーンテーン… 

リー「しまった…」 

チョウジ「ボールが…プールサイドに…あ」 

ヒョイ 

サクラ「サスケくん!…とナルト」 

ナルト「サクラちゃん!」


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:21:09 ID:BGwgJV640

サスケ「よ、よォ…来てたのか」 

テンテン「家にいたって暑いからねー。3人で一緒に来たのよ」 

シカマル「3人?」 

サクラ「ええ…ってあれ?ヒナタ!?どこ!?」キョロ 



ヒナタ「うう…ナルトくんがいるなんて…うれしいけど恥ずかしくて出ていけない…」ブクブク 

ネジ「ヒナタさま!?そこは消毒漕ですが!?」 

シノ「ちょっと深いとはいえやめておけ…なぜならそこは風呂ではないからだ」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:25:00 ID:BGwgJV640

???「…」チラ 

???「そろそろ時間か」 

カラーンカラーン 

ナルト「なんだってばよ?」 

サスケ「もう休憩か」 

シカマル「一旦水からあがろうぜ」 

サクラ「ふー」スイスイ 

いの「なかなか可愛い水着じゃないのサクラ…」スイスイ 

サクラ「コーディネートも勝負のうちよいのぶたちゃん」 

いの「デコが…負けないわよ」


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:30:35 ID:BGwgJV640

プカー 

チョウジ「…」 

シカマル「どうしたチョウジ?早くあがれよ…」 

チョウジ「こうして浮いてると楽なんだ」プカー 

シカマル「早くあがれ!!!」


36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:36:14 ID:BGwgJV640

サクラ「いの」ヒソ 

いの「ん?」 

サクラ「今日の監視員さん、サスケくんに似てない?」 

いの「そういえば…」 


サスケ「サクラたちどこ見てるんだ…?」チラチラ 

ナルト「見すぎだってばよサスケェ」ジィ 

サスケ「おめーもだろうが!」 

チョウジ「こうしてると温かいんだ」ベッタリ 

リー「プールサイドで寝そべるのはだらしないです!ハイ!」 

シカマル「もういい…つっこむのめんどくせェ…」ダラッ


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:43:57 ID:BGwgJV640

ナルト「あの鐘を鳴らす人の方見てるってばよ」 

テンテン「うんうん、監視員を見てるねえ」 

サスケ「ケッ…小学生の水着見に来るなんてロリコン…ってなんでおまえが会話に!?」 

テンテン「ふふ、男子ってどんな話するのか気になってさ」クス 

リー「熱い青春の会話です、ハイ」 

テンテン「…」 

ナルト「ん?監視員?だっけか。お前に似てねーか?」ジィ 

サスケ「バカ言え、俺に似てる奴がこの世に何人も…」ジーッ 

イタチ「…」 

サスケ「………」 

サスケ「に、兄さん!?」ガバッ


61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:50:11 ID:BGwgJV640

サスケ「…」タタタ 

イタチ「気づかれたか…」 

サスケ「兄さん!なんでこんなところに!?バイトじゃなかったのか!?」 

イタチ「バイトだ、監視員の。大学も夏休みだし、帰省中にできるバイトを探したらこれだった」 

ナルト「…」 

イタチ「ん?おお、久しぶりだなナルト」 

ナルト「え?あの…こ、こんにちはだってばよ」ペコ 

イタチ「いつも弟が世話になってる。ありがとうな」 

ナルト「え!いや」 

サスケ「こっちが世話してんだよ!行くぞナルト」タタタ… 

ナルト「お、おう!」タタタ 

イタチ「…」ニッコリ 

イタチ「さて、休憩終わりだ」カランカラン


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 21:56:50 ID:BGwgJV640

バシャバシャ… ワー… 

ナルト「あれ?どこいったサスケ?」 

サクラ「そういえば…」キョロ 

シノ「ネジも…どこだ?」


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:01:56 ID:BGwgJV640

サスケ「クク…頃合いだな」 

ネジ「ああ。さすがに正面切っては無理だからな…」 

サスケ「だが、ここからなら」 

ネジ「ためらうことなく!」 

サスケ&ネジ「女子の水着姿を見つめることができる!」 

サスケ「さすがは天才…考えることが違う」 

ネジ「オマエもな。やはり天才…だがヒナタ様は見るなよ」 

サスケ「………さあ、愉しもうか」 

ネジ「オイ!ヒナタ様は見るなよ!」 

サスケ「写輪眼!」ギン 

ネジ「白眼!」ビキビキ 

※ただガン見してるだけです


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:03:27 ID:x6+B3NmO0

ただの厨二病やな


88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:06:24 ID:BGwgJV640

キャーキャー 

サスケ「…いいな!」 

ネジ「ああ…」 

自来也「まったくだのォ」カキカキ 

サスケ「…」 

ネジ「…」 

自来也「ン?」 

サスケ「おまわりさ…!」 

自来也「フンッ」ビス 

サスケ「ぐあ…」 

ネジ「サスケェ!」 

自来也「別に性的な目で見とりゃせんわい、取材じゃ」


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:09:16 ID:BGwgJV640

???「ふう…ようやく腹痛が治りましたよ」スタスタ 

イタチ「バイトも立派な仕事だ…体調管理はしっかりしておけ」 

???「暑いからついつい水を飲みすぎてしまいましてね」 

イタチ「水分補給も適度にな。む?」 

???「どうしました?」 

イタチ「あそこのプールサイドにいる少女、体調が悪そうだ。日陰で休ませた方がいい」 

???「しっかり見ているんですねえ」 

イタチ「当然だ。おまえも救護のバイトならしっかり仕事しろ」 

???「ハイハイ。よっこいしょ…」ガタ


109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:15:08 ID:BGwgJV640

ヒナタ「うう…」 

テンテン「大丈夫?ヒナタ…」 

鬼鮫「ちょっと失礼しますよ」 

ヒナタ「?」 

鬼鮫「見たところ体調が悪そうだ…あちらのテントの日陰で休みましょう」 

テンテン「あなたは?」 

鬼鮫「救護の者です。こう強い日差しにさらされていてはお体に障りますよ…」 

テンテン「そうね、行こうヒナタ」 

ヒナタ「ご、ごめんなさい…」 

鬼鮫「いえいえ」


128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:20:26 ID:BGwgJV640

サスケ「」テクテク 

ナルト「サスケ、どこに行ってたんだってばよ?」 

サスケ「日陰で休んでいたんだ」 

シノ「ネジ」 

ネジ「俺は何も見ていない…」 

テンテン「どうしたの?」 

ネジ「なんでもない」 

サクラ「あれ?もう昼近いわね」 

リー「そろそろ午前の部は終了ですね」 

いの「午後はどうする?」 

サスケ「俺はいったん帰る。午後もプールに来ると夜の祭りに遅れそうだからな」 

ナルト「祭り?」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:25:36 ID:BGwgJV640

シカマル「そういえば今日は木の葉祭りだな」 

チョウジ「毎年露店もたくさん出るからね」 

いの「食べ過ぎないでよねチョウジ…」 

ナルト「おもしろそうだってばよ」 

ネジ「ああ、おもしろいぞ。神輿も出るし」 

ヒナタ「お、丘の上の神社まで練り歩くんだよね」 

ナルト「ヒナタ!来てたのかってばよ」 

ヒナタ「う、うん」 

サクラ「もう具合はいいの?」 

ヒナタ「救護員さんが、軽い熱中症だって」 

ナルト「大丈夫かヒナタ?」 

テンテン(誰のせいで熱出したんだかね)


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:31:53 ID:BGwgJV640

サクラ「それじゃあね!」 

ネジ「ああ、またあとでな」 

テンテン「バイバーイ」 

チョウジ「おなかすいたな」 

シカマル「運動したからな。昼飯食って帰るか」 

いの「そうね」 

サスケ「じゃあなおまえら。帰るぞナルト」 

ナルト「おう!」 

ヒナタ「ま、またね」 


サスケ「あ、駄菓子屋寄って行こうぜ」


175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:43:41 ID:BGwgJV640

ジィ 

『ツインソーダバー 126円』 

サスケ「…いくらもってる」 

ナルト「…61円」 

サスケ「俺は70円だ。買えるな。おっちゃん、これくれ」チャリン 

大蛇丸「おばちゃんて言えって言ってるでしょうが」 

サスケ「長いんだよ、おっちゃんのおばちゃんて呼ぶの」 

大蛇丸「神様が性別間違えたんだから仕方ないじゃないの」スッ 

サスケ「そういうもんか?」 


サスケ「また来るよ」 

大蛇丸「まいど」 

ナルト(どういうことだってばよ!!!!!)


182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:47:47 ID:BGwgJV640

ミーンミンミンミー…ミーンミンミンミー…ンミンミー… 

パリッ…パキ 

サスケ「ほら、半分」 

ナルト「サンキュー」パシ 

サスケ「あっちーなしかし」カリ 

ナルト「夏だからな。おかげでアイスが美味いってばよ」パク 

サスケ「まあな。泳いだ後にプールバッグ背負って歩きながら食うのがまた」テクテク 

ナルト「でも早めに食べないと融けるってばよ」 

サスケ「まあな…あ?」 



???「だから…!」


186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 22:54:33 ID:BGwgJV640

オビト「ガリガリくんはソーダ味だって言ってるだろう!」 

カカシ「いいや!リッチミルクだっていってるでしょーが!」 

オビト「金を出せばいいってもんじゃねーだろうが!このバカリッチが!」 

カカシ「40円になにを拘ってんのこのビンボーソーダ!」 

オビト「教員の給与低いからしょうがないだろ!」 

カカシ「それは俺のせいじゃないでしょーが!」 

オビト「やめよう…余計に暑くなる」 

カカシ「ん!そうだな、ごめんな」 


サスケ「何やってんだあの二人」ガリ 

ナルト「見なかったことにするってばよ…」テクテク


191: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:01:05 ID:BGwgJV640

サスケ「じゃあ、夕方な」 

ナルト「おう、またな」


194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:04:16 ID:BGwgJV640

ガチャ…バタン 

ナルト「…」 

ナルト「疲れたー…少し眠るってばよ」ボフ 

ナルト「…」ポロ 

ナルト「あれ?」ゴシゴシ 

ナルト「なんで泣いてるんだってばよ…?」ポロポロ 

ナルト「……………………ひっく」 

ナルト「………」 

ナルト「…すう」 

ガチャ 

クシナ「ナルト―?帰ったの?」 

クシナ「…あら」 

クシナ「夏だからって何もかけないで寝たら…風邪をひくってばね」ファサ


201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:14:24 ID:BGwgJV640

ミナト「あれ?ナルトのやつ、お昼食べずに寝ちゃったのかい?」 

クシナ「きっと遊び疲れたのね」 

ミナト「そうか…」 

クシナ「どうかした?」 

ミナト「いや。こうしてナルトの穏やかな寝顔が見れてうれしいんだ」 

クシナ「そうね。でも、なんだか今日は泣きそうになるの。どうしたのかしら?」 

ミナト「うん。ボクも、普段とは違う気もちだ」 

クシナ「…夏だからかしら?」 

ミナト「どうかな」 

クシナ「さて、ならナルトのごはんは起きたあとね」 

ミナト「じゃあ、3人分作っちゃおうか」 

クシナ「日曜日はあなたのごはん当番だってばね!」ニコ 

ミナト「ハイ!」


203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:20:13 ID:BGwgJV640

ナルト「ん…」 

ナルト「!」 

ナルト「今何時だってばよ!?」 

サスケ「4時だぞナルトォ!さっさと出てこい!浴衣で来い!」 

ナルト「寝過ぎたってばよ!待っててくれサスケ!今行く!」 

ゴソゴソ 

ナルト「ヤバいヤバい…」ドタタタ 

ナルト「ん!?」 

『ナルト 起きたら食べるんだよ 父 』 

ナルト「はは…とーちゃん…かーちゃん。ありがとだってばよ」 


ナルト「あれ…とーちゃん…かーちゃん…?」 

ナルト「記憶が…混ざる…」


205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:26:44 ID:BGwgJV640

ガチャ 

ナルト「待たせたってばよサスケ!」 

サスケ「よし、ちゃんと浴衣だな。オレンジと黒とは洒落てるじゃねーか」 

ナルト「おまえも黒と赤とはかっこいいってばよ」 

サスケ「フッ 当然だ。行くぞ」 

ナルト「おう」 

サスケ「…ところでそののびてるラーメンどうする気だ」 

ナルト「行きながら食う!」 

サスケ「露店のもの食わない気か?」 

ナルト「大丈夫!お昼まだなんだってばよ」 

サスケ「そういう問題じゃ…まあ、いいか」テクテク


206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:33:39 ID:BGwgJV640

ピーヒャララ トントコトントコ… ピーー 

ナルト「すっげー!店がいっぱいだってばよ」 

サスケ「木の葉祭りは柱間神社を出発して、木の葉神社まで神輿を担いで歩くんだ」 

ナルト「知ってるってばよ!あれ?知ってる…?」 

おーい! 

ナルト「!」 

サクラ「やっぱり!やっと来たわね!」 

ナルト「あ!サクラちゃんたち!」 

ネジ「もう神輿が出る時間だぞ」 

シノ「人ごみは苦手だ…」


207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:34:51 ID:BGwgJV640

ナルト「みんな浴衣なんだな」 

テンテン「そりゃお祭りだもの!」 

サスケ「…白地に桜の花びらか」 

サクラ「ど、どうかな?」 

サスケ「…フン」 

サクラ「…」シュン 

ナルト「気にすんなってサクラちゃん。アイツなりの照れ隠しだってばよ。ひひ」 

サクラ「そ、そうなの?」 

サクラ「…ありがとナルト」 

ナルト「へへっ」


208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:36:19 ID:BGwgJV640

ヒナタ(浴衣のナルトくん…)プシュウウウウ 

ナルト「どうしたんだってばよヒナタは」 

テンテン「だ!れ!の!せ!い!で!し!ょ!う!ね!」 

ナルト「どういうことだってばよ」 

シカマル(鈍感すぎだろオマエ…) 

ネジ「…ヒナタ様の浴衣はどうだナルト」 

ナルト「ん?」 

ナルト(白地に向日葵と青のグラデーション…)ジー 

ヒナタ「…はっ!?」 

ナルト「うん!すっげーきれいだってばよ!」 

ヒナタ「ふわぁぁぁぁぁぁ…!」フラフラ 

ヒナタ「…兄さんちょっとあっちへ」


210: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:38:28 ID:BGwgJV640

ヒナタ(ありがとうネジ兄さん!!!)バシバシ 

ネジ「よ、よし、この調子で行きますよヒナタ様」


211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:40:44 ID:x6+B3NmO0

ヒナタかわええええええ


212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:42:14 ID:ygCTYVY/0

こういうのもありやな


215: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:51:21 ID:BGwgJV640

わっしょい!わっしょい! 

サスケ「お、神輿が出て来たな」 

ナルト「すげえ…」 

ネジ「あれは駄目だが、子供神輿は俺たちも担げる。やってみるか?」 

ナルト「できるのか!ならやってみたいってばよ!」 

デイダラ「お!神輿担ぎたいのか坊主、うん?」 

サスケ「できれば俺たちも担ぎたいんだが」 

シカマル「げ!俺もかよ!」 

いの「ちょうどいいじゃない、男子全員行ってきなさいよ」 

シノ「人ごみよりはマシか」 

デイダラ「ちょっとまってろ。町会長はどこに…また便所か?」 

デイダラ「町会長!」 

デイダラ「町会長!このぼうず達が神輿担ぎたいって言ってるぜ!うん!」 

???「便所に入ってるときまで呼ぶんじゃねえ!落ち着いて用が足せねえだろうが!」


223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/12 23:58:19 ID:BGwgJV640

バシャバシャ…キュ 

???「…」テクテク 

デイダラ「用は済みました?うん」 

マダラ「…あとで覚えておけよ…」 

マダラ「おまえたちが神輿を担ぎたい小僧か?」 

ナルト「そうだってばよ!」 

マダラ「ほう…威勢がいいな。あとは?」 

サスケ「ここの男全員で担ぎたい」 

マダラ「ふむ、まあ大丈夫だろう。サソリ!半被はまだあるか!?」 

サソリ「ああ、まだあるぜ芸術的なのが。そのくらいの人数なら足りるだろ」 

マダラ「よし。じゃあお前ら着替えてこい。小南、いちおう着方を教えてやってくれ」 

小南「はい。じゃあ、神社の中で着替えましょうかね。おいで」


227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:05:29 ID:NE0jC1Me0

ナルト「おお!カッケ―ってばよ!」 

ネジ「やはり浴衣より動きやすいな」 

サスケ「浴衣をどうするかだが…」 

ナルト「?」 

シカマル「神輿をここから別の神社に運んだあと、戻るのもめんどくせーだろ?」 

ナルト「ああ、そっか」 

リー「小脇に抱えて神輿を担げばいいのでは」 

ネジ「断る!」 

小南「ああ、それなら」


231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:08:53 ID:NE0jC1Me0

サクラ「あ、出てきた…」 

いの「半被も悪くないわね」 

テンテン「うん、威勢の良さそうな感じが好印象」 

ヒナタ「わあ…!」 

ナルト「準備できたってばよ!」 

テンテン「あれ?浴衣は?」 

ネジ「ああ、役員の人が運んでくれることに…あっ」 

サスケ「どうしたネジ…」 

ヒナタ「…ます」 

小南「?」 

ヒナタ「私たちが…運びます!」 

サクラ「!」 

いの(その手が!)


235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:11:35 ID:NE0jC1Me0

小南「大変じゃない?」 

サクラ「どうせ神輿と一緒に移動するつもりなので」 

いの「大丈夫です!」 

テンテン(うわあ…めんどくさいなぁ…) 

ナルト「じゃあ、頼むってばよ!」


237: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:19:29 ID:NE0jC1Me0

マダラ「準備いいか」 

ナルト「おう!」 

マダラ「よし…配置着いたな。さあ神輿あげろ!!!行くぞ!」 

一同「うおおおおおおおおおーーーー!!!」グイッ 

わっしょい! 

わっしょい! 



マダラ「おい、ところで副会長はどこだ?」 

デイダラ「ああ、さっき寄合所でビール飲んでたぜ、うん」 


扉間「飛雷神飲み!」グイッ 

イズナ「おい」


241: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:27:17 ID:NE0jC1Me0

テクテク 

テンテン「重いよお~…」 

ヒナタ「…」 

サクラ「…」 

いの「…」 

テマリ「…」 

テンテン「なんでみんな平気なの?しかも…」 

テマリ「たまたま通りがかっただけだ」 

ヒナタ(…ナルトくん…の匂い)スン 

サクラ(うー…サスケくん…)クンクン 

テマリ(…………シカマル)ギュッ 

テンテン(リーとネジならまあいいか)キュ 

いの(チョウジ…来る前に焼肉食べたわね)ボスドス


242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:28:55 ID:NE0jC1Me0

ナルト「ねえ!ねえ!シノってばなんで浴衣預けなかったの!?」 

シノ「…一応気を遣ったつもりだ」 

ネジ「フッ」


246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:39:44 ID:NE0jC1Me0

ナルト「…いい加減ヘトヘトだってばよ」ゼェ 

サスケ「へ、情けねえ!こ、こんなもん全然」 

シノ「く、疲れが…見えるぞ、サスケ…」 

ネジ「もう1時間は担いだか…なかなかの消耗だな」フウ 

リー「イキイキしてるよっ!」 

シカマル「なんでそんなに元気なんだオマエ…」 

チョウジ「青春だからだよ」


252: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:43:20 ID:NE0jC1Me0

ナルト「ありゃ?鳥居が…」 

デイダラ「もうひとふんばりだぞぼうず達、うん。あの先が…」 

マダラ「木の葉神社。別名、木の葉大社だ」


255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:47:43 ID:NE0jC1Me0

サスケ「石段が…きっついな」 

ナルト「へばんなよサスケェ!」フーフー 

サスケ「誰に言ってやがるウスラトンカチ!」ゼェハァ 

ネジ「ハァハァ…まだ元気のようだな…フフ」 

シノ「あれも励ましあいだ…」ゲホ 

リー「もっと熱くなれよ!俺も熱いんだからさ!」 

シカマル「………」 

チョウジ「あれ?体が軽い…もしかして痩せた?ボク」 



角都「あの石像の前が終着点だ!もう少しだぞ!」 

飛段「うおおすげえなぼうず達!俺なんか大人神輿担いで肩パンパンだぜ!」 

長門「交代なしでここまで担ぐとは…すごい子たちだ」


257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:52:35 ID:NE0jC1Me0

ナルト「もう少し…」 

サスケ「あと少しだ」 

ネジ「ふっ!」 

シカマル「最後まで声出すか、ここまできたら」 

チョウジ「うん!」 

シノ「…わっしょい」 

リー「元気にいきましょう!ハイ!」


260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 00:55:08 ID:NE0jC1Me0

ナルト「つ…」バタ 

サスケ「ついた…」 

ネジ「ハー…ハー…」 

リー「…」 

シノ「フウ」 

シカマル「ま、たまにはいいかもな」 

チョウジ「きっとごはんがおいしいね」ハァハァ 

ナルト「…」 

サスケ「どうした?ナルト。空に何か見えるか?」 



ナルト「………楽しいってばよ」ニコ 

サスケ「そうか」 


サスケ「俺もだ」フッ


262: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:00:18 ID:NE0jC1Me0

ヒナタ「ナルトくん!」タタ 

ナルト「はは、意外とキツかったってばよ」 

サクラ「サスケくん」 

サスケ「サクラ…」 

テマリ「……おう」 

シカマル「お、おう…」 

テンテン「がんばったわねアンタたち」フフ 

いの「ま、見てて楽しかったわよ」 

ナルト「…ありがとだってばよ」ニコ 

マダラ「おつかれさん。さ、とりあえず着替えてこい。このタオルやるから、汗も拭けよ」ポン


267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:07:52 ID:NE0jC1Me0

サスケ「着替えも済んだし、こっちの神社の露店まわるか」 

ナルト「そうだな」 

ネジ「人数も多いし、少しの間自由行動にするか」 

テンテン「そうね」 

チョウジ「たくさん食べるぞー」 

いの「しかたないわねー…」 

シカマル「少し歩くか…」 

テマリ「…」 

シノ「折角の祭り、楽しまなくてはな」 

サクラ「チャンスね…」 

ヒナタ「…うう~…」 

ネジ「さてと…」


269: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:10:43 ID:NE0jC1Me0

サスケ「どうする?」 

ナルト「とりあえずぐるっと回ってみるってばよ」テクテク… 



ヒナタ「あ…」 

サクラ「…行っちゃったね」 

ヒナタ「…うん…」


271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:14:01 ID:NE0jC1Me0

シカマル「…浴衣サンキュ…」 

テマリ「うん…」 



シノ「こういう場では何が美味しいのだ?」 

チョウジ「任せて」 

キバ「お?なんだ来てたのか」


273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:15:53 ID:NE0jC1Me0

テンテン「さーてどこに行こうかな」 

ネジ「…」スッ 

テンテン「おーっとアンタもこっちだよ」ガシ 

ネジ「なにを」 

テンテン「あとは自分次第ってこと」 

リー「ハイ」 

ネジ「…」 

ネジ「そうだな」


278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:31:25 ID:NE0jC1Me0

サスケ「うまいな」モグモグ 

ナルト「だってばよ」モグモグ 

サスケ「しかしちょうどいいところにベンチがあったな」 

ナルト「露店から距離があるから人もいないってばよ」 

サスケ「知ってるかナルト?」 

ナルト「?」 

サスケ「ここはある神様を祀ってる神社なんだ」 

ナルト「なんだってばよ」 

サスケ「かつて夢の世界を創りだした神だ」 

ナルト「うっ」ズキ 

サスケ「!どうした」 

ナルト「なんでも…ちょっと一人になるってばよ…」


281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:41:42 ID:NE0jC1Me0

ホー…ホー・・・ ヒャラ・・・  

ナルト「…」 

ナルト「祭囃子が遠いってばよ…」 

ナルト「…」スッ 

???「だ、だ~れだ?」 

ナルト「!!」 

ナルト「…」 

???「うう…」ドキドキ 

ナルト「わからないわけないってばよ、ヒナタ」 

ヒナタ「あはは…」


282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:44:38 ID:NE0jC1Me0

ナルト「…」 

ヒナタ「ど、どうしたのナルトくん」 

ナルト「い、いや。ちょっと考え事だってばよ」 

ヒナタ「となり、す、座っても…」 

ナルト「いいってばよ」 

スッ 

ヒナタ「そろそろお祭りも終わりの時間だね」 

ナルト「そうなのか?」 

ヒナタ「うん」


288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:51:40 ID:NE0jC1Me0

ヒナタ「ねえ、ナルトくん、この神社に祀られてる神様、知ってる?」 

ナルト「いや…サスケもそんなこと聞いて来たけど…」 

ヒナタ「風神レインっていうんだよ」 

ナルト「なんだか厨二くさい名前だってばよ」


297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:56:16 ID:NE0jC1Me0

その人は昔、一人だったの 

ううん、最初は、一人じゃなかったの 

友達がいたんだ 

でも、嫌なことの拒絶を続けるうち、一人になってしまったの 


そのうち、自分に都合のいい、理想の世界を創ろうと思いついたんだ 

現実ではなく、仮想世界で 

そう、それが夢の世界 

だけど、創って気付いた 

それが自分の虚妄だってことに 

夢なんかじゃない、嘘なんだって 

寂しさを、悲しさを紛らわすために見ている都合のいいだけの世界だって 


思い出した、世界は人と交わって紡いでゆくものなんだって 

交わりは押し付けるものじゃないんだって


302: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 01:58:23 ID:NE0jC1Me0

そして彼は、自分が偽りの世界の神になってしまったことを戒めて 

自らを石に変えたの 

本当の世界を、長い時間見つめていられるように 

それが、あの御神輿の終着点…


304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:00:35 ID:NE0jC1Me0

ナルト「…」 

ヒナタ「ナルトくんは…どう思う?」 

ナルト「寂しいってばよ」 

ヒナタ「それは…」 

ナルト「その、なんとかって奴のことも、この世界のことも」 

ヒナタ「…」


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:03:11 ID:NE0jC1Me0

ナルト「…ヒナタ」 

ヒナタ「うん」 

ナルト「あのな」 

ヒナタ「わかってるよ」ポロ 

ナルト「ごめん」 

ヒナタ「ううん、いいよ。ナルトくんの選んだ道だもん」ポロポロ 

ナルト「ありがとう」 

ヒナタ「うん…うん…グス…わたしは…ナルトくんの横にいるよ」 

ナルト「うん…」 

ヒナタ「私は…ナルトくんが…大好きだから…」グス 

ナルト「…」 

ヒナタ「手…繋いで?」 

ナルト「…」ギュウ


306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:07:18 ID:NE0jC1Me0

ヒナタ「こんな世界も…あるんだよ?」 

ナルト「ああ。知れてよかった」 

ヒナタ「…」ニコ 

ザッ 

サスケ「ナルトォ!」 

サクラ「ナルト!」 

いの「ナルト!」 

シカマル「ナルト!」 

リー「ナルトくん!」 

シノ「ナルト」 

ネジ「………ナルト」 

クシナ「…………起きなさい、」 

ヒナタ「ナルトくん」 

ナルト「おう…おはよう。みんな」 

バリン!!!


309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:11:14 ID:NE0jC1Me0

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・ 

サスケ「やっと起きたかウスラトンカチ!俺が来た途端にだらしねえ!」ザッ 

ナルト「寝坊助ですまねーってばよ!けどオマエこそ!」グッ 

マダラ「…悪くない世界のはずだったんだがな…」 

カカシ「オビト…」 

オビト「…カカシ。俺は」 

ヒナタ「…」キュ 

サクラ「フフ。悪くは無かったわね」 

ナルト「けど、こっちを無視してあっちにいるわけにはいかねーってばよ」 


マダラ「ならばそろそろ…」 

ナルト「決着だってばよ!」 



おおおおおおおおおお!!!!


310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:17:39 ID:NE0jC1Me0

・ 
・ 
・ 
サスケ「ナルトォ!プールに行くぞ!」 

ナルト「うー…ん!?」ガバッ 



サスケ「未だに寝坊助かおめーは」テクテク 

ナルト「いや…」 

サスケ「じゃあなんだよ」 

ナルト「ヒ、ヒナタに今日…告白しようと思って…」 

サスケ「まだそんな仲かおまえら!?」 

ナルト「気持ちを打ち明けるには勇気がいるってばよ…」


315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:26:35 ID:NE0jC1Me0

サスケ「そんなだからヒアシ様に睨まれるんだよ…」 

ナルト「お、おまえこそイタチに恋愛指南受けてるんだろ!?」 

サスケ「ど、どこで聞いた!?」 

ナルト「シスイの兄ちゃんが言ってたってばよ!」 

サスケ「く、くそ!」 

ナルト「サクラちゃんまた可愛くなったからなあ。高嶺の花じゃないのかってばよ?」 

サスケ「だから迷ってるんだろうが」 

ナルト「いっそ綱手のバァちゃんにアドバイスもらったらどうだってばよ」 

サスケ「そうだな…だがあの人はすぐにからかうからな」 

ナルト「たしかに」


316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:27:05 ID:NE0jC1Me0

サスケ「そんなだからヒアシ様に睨まれるんだよ…」 

ナルト「お、おまえこそイタチに恋愛指南受けてるんだろ!?」 

サスケ「ど、どこで聞いた!?」 

ナルト「シスイの兄ちゃんが言ってたってばよ!」 

サスケ「く、くそ!」 

ナルト「サクラちゃんまた可愛くなったからなあ。高嶺の花じゃないのかってばよ?」 

サスケ「だから迷ってるんだろうが」 

ナルト「いっそ綱手のバァちゃんにアドバイスもらったらどうだってばよ」 

サスケ「そうだな…だがあの人はすぐにからかうからな」 

ナルト「たしかに」


317: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:31:14 ID:NE0jC1Me0

ミーンミンミンミー…ミーンミンミンミンミンミー… 

サスケ「今日も暑いな」テクテク 

ナルト「おう…」 

サスケ「いくらもってる?」 

チャリ 

ナルト「70円」 

サスケ「…61円」 

ナルト「アレ買おう」 

サスケ「アレな」 

ガラッ 

サスケ「オーッスおっさん!」 

大蛇丸「」ギロ 

ナルト「のおばさん」 

大蛇丸「はいよ。仲良く食べな」 

ナルト「へへ。ありがとだってばよ!」


318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:35:33 ID:NE0jC1Me0

大蛇丸「いったか…」 

ガラ 

大蛇丸「あら」 

イルカ「どうも」 

大蛇丸「…うれしそうね」 

イルカ「ええ。あいつらがああやって並んで歩くのを見るのは夢でしたから」 

大蛇丸「フフ、そうね」ゴソゴソ 

パキ 

大蛇丸「はい、半分あげるわ」 

イルカ「これは…」 

大蛇丸「お祝いよ。ちょっと安いけど。今のナルトくんとアイス半分食べるのは、サスケくんだからね」 

イルカ「代わりにくれると?」 

大蛇丸「不満かしら」 

イルカ「めっそうもない」ガリ


320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:43:34ID:ZmDDdHWR0

パキ 

ナルト「半分だってばよ」スッ 

サスケ「おう」パシ 

ナルト「陽射しがキツイってばよ」 

サスケ「おかげでアイスが美味いけどな」ガリ 

ナルト「うん、でもたぶん、そのおかげだけじゃないってばよ」パク 

サスケ「あ?」 

ナルト「二人だからな」ニッ 

サスケ「ふん」 


サスケ「…そうかもな」 


                   おしまい


322: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 02:46:55 ID:3fGCNISM0

おつ 
なごんだよ


325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/13 03:03:02 ID:fOQn0smq0

おつん


引用元: サスケ「ナルトォ!プールに行くぞ!」ナルト「うー…。ん!?」