1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 22:58:49.04 ID:aKZ37TB/o

―某所― 

ルパン「ま、問題点があるとすりゃあ1つだけだな」 

次元「なんだよ?」 

ルパン「言っただろ? クロノスには時の番人って呼ばれる怪物がいるってことは」 

次元「全員番犬らしく、警備員として本部に常駐してるのか?」 

ルパン「いや、全員が揃っていることはまずありえねぇ。基本的に1人ないし2人ぐらいで行動して、世界中を飛び回ってるみたいだからな」 

五ェ門「では、最も警戒すべき相手はいないということか」 

ルパン「俺様の予想ではな。ただ、確実とも言い切れねえ。なんせ相手は秘密結社だからよ」 

次元「ってことは、またお前が大好きな伸るか反るかの大冒険かよ」 

ルパン「ぬふふふ。そういうこと」 

五ェ門「お前という奴は……」 

ルパン「怒るなよ、五ェ門。対策はちゃーんと考えてあるし、心配することぁ何一つねぇだろ?」 

次元「お前のそれは未だに信じていいものかわからん」 

ルパン「なに言っちゃってんのぉ。ここまで来てるくせに」 

次元「ふんっ。言ってろ」

4:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:10:42.26 ID:aKZ37TB/o

―某国 クロノス本部 アジト― 

五ェ門「人の気配がない……」 

ルパン「こりゃ、ちょっと俺たちが警戒しすぎちゃったかな?」 

次元「場所を間違えたなんてことはねえだろうな、ルパン?」 

ルパン「それはないって。この場所であってる」 

次元「だったら、この静けさはおかしくないか? 仮にも本丸だろ、ここは」 

ルパン「いいじゃないの。仕事は楽なほうが。面白くはねえけどな」 

次元「ったく。お気楽な野郎だ」 

ルパン「今更、んなこというなよ。俺様、照れちゃう」 

五ェ門「……誰だ?」 

セフィリア「――ここに人がいない理由を教えてさしあげます」 

ルパン「あらぁ~、こりゃ随分と別嬪さんじゃないのぉ。にゅふふふ」 

次元「ほぉ? どうして警備員の1人もいねえんだ?」 

セフィリア「ここに、私がいるからです。貴方は、ルパン三世とお呼びしたほうがいいですか?」 

ルパン「俺のことも知ってるわけね。流石はNo.Iだこと」 



8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:19:59.78 ID:aKZ37TB/o

セフィリア「何が目的なのかは問いません。ここに足を踏み入れた者には――」スッ 

五ェ門「長剣か」 

セフィリア「消えていただきます」 

ルパン「顔に似合わず、過激なのね。お嬢さん」 

セフィリア「……行きます」 

五ェ門「させん!」ギィン!! 

セフィリア(この男、私の剣を……!) 

ルパン「ゴエちゃん、5分でいい。頼むなぁ」 

次元「お前には必要のない言葉だろうが、死ぬんじゃねえぞ」 

五ェ門「早くいけ」 

セフィリア「洗練された和の国の剣捌き。まさか、ここで見ることになるとは」 

五ェ門「女とて容赦はせん」 

セフィリア「時の番人を軽く見ていませんか?」 

五ェ門「問答は無用。貴様はその技で語ればいい」 

セフィリア「なるほど。では、貴方の望むままに……」 



10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:27:41.51 ID:aKZ37TB/o

―金庫室― 

ルパン「情報ではここのはずだ」 

次元「……ルパン、さっさとしろ」 

ルパン「お次は誰かな?」 

ベルゼー「侵入者を発見した。これより、排除する」 

次元「こりゃ、面倒な相手だな」 

ルパン「次元、よろしくなぁ。3分でいいからよ」 

次元「長い。2分にしろ」 

ルパン「あいよっ」 

ベルゼー「30秒で構わない」 

次元「なんだと?」 

ベルゼー「戦闘にはならん」ブンッ 

次元「大そうな槍だな。象でも狩る気か?」 

ベルゼー「狩るのは危険因子だ」 

次元「冗談も通じそうにねえな。ちっ。こういう相手は苦手なんだよ」 



11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:35:17.10 ID:aKZ37TB/o

ルパン「ぬふふふ。これよこれ。さぁて、引き上げますかぁ」 

ルパン(にしても、コソ泥相手に時の番人を2人も投入してくるとぁ、マジすぎるな) 

ルパン「ま、そっちのほうがおもしれぇけど」 

次元「ふっ!」ドォン!! 

ベルゼー「無駄だ」ギィン 

次元「五ェ門みてぇな奴は世界で1人いりゃあいいだろうに」 

ベルゼー「終わりだ――」 

ルパン「お助けマン登場ってなぁ。あらよっ」ポイッ 

ボォン! 

ベルゼー(煙幕……か) 

ベルゼー「――そこだ」ザンッ!! 

ルパン「ぎゃぁあああ!!!」 

ベルゼー「……手ごたえが、人間ではない」 

ルパン「ぬふふふ。ちょっと、人を殺しすぎじゃねえの、おっさん。その人形、割と精巧に作ってあるんだけどな」 

次元「いくぞ、ルパン。これ以上はヤバいぜ」 



12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:43:26.67 ID:aKZ37TB/o

セフィリア「はぁ!!」 

五ェ門「きぇぇぇい!!!」ギィィン 

セフィリア「つっ……」 

五ェ門「むっ……」 

セフィリア(太刀筋そのものよりも、驚くべきはあの刀。オリハルコン製のクライストと剣戟を交わしても折れるどころか刃こぼれすらしない……) 

五ェ門(凄まじく軽く重たき剣。このような剣術、みたことがない) 

セフィリア「はっ!!」 

ルパン「そこまでにしようぜ、かわいこちゃん」ドォン!! 

セフィリア「ルパン三世……」キィン 

ルパン「五ェ門も形無しだな」 

五ェ門「拙者のほうが勝っていた」 

ルパン「そうはみえねえけど?」 

セフィリア「ベルゼーの槍から逃げられた者を久しぶりに見ましたね」 

ルパン「なら、よーく覚えときなぁ。俺がルパン三世だからよ」 

セフィリア「いいでしょう。ただし、貴方が私の剣から逃れられてからです」 



13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/18(土) 23:52:13.34 ID:aKZ37TB/o

ルパン「逃げるのは簡単だ」ポイッ 

セフィリア「……」 

ボォン! 

セフィリア「……」ブンッ 

ルパン「あわわ!? なにすんの!?」 

セフィリア「煙幕程度では私の目を欺くことはできません」 

ルパン「2番目の犬はひっかかったけどな」 

セフィリア「いいえ。貴方が罠に嵌ったのです」 

ルパン「なにぃ?」 

ベルゼー「――こういうことだ」 

ルパン「挟み撃ちか。卑怯なことしてくれんなぁ」 

セフィリア「貴方の首はここで落ちることになるでしょう。何か言い残したことはありますか?」 

ルパン「そうだなぁ。今度、デートしない? にゅふふふ」 

セフィリア「分かりました。ですが、その約束はできません」 

ベルゼー「眠るがいい」ブンッ 



15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:03:02.38 ID:OZegOJR4o

セフィリア「……!」 

ルパン「いい尻してるな。安産型だ」スリスリ 

セフィリア「な!?」バッ 

ルパン「ぬふふふ」 

セフィリア「まさか背後を取られるとは……」 

ルパン「お尻を触るのが精一杯だけどな。あんたの頭に風穴開けるのは無理難題だ。銃口を向けたことにはスライスされてるからなぁ」 

セフィリア「賢明な判断ですね」 

ルパン「さぁて、フラれちゃったし。次へ行きますか」 

セフィリア「私たちから逃げられると?」 

ルパン「俺たちを捕まえられるってかぁ?」 

ベルゼー「時の番人は必ずお前を排除する」 

ルパン「やれるもんならやってみなぁ」 

セフィリア「ベルゼー、行きます。この男だけは必ず……」 

ベルゼー「承知している」 

ルパン「言っておくぜ? 俺を捕まえたかったら時の番人を全員連れてこい。でないと、俺も本気の出しようがねえからな」 



17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:11:54.68 ID:OZegOJR4o

―某所― 

五ェ門「……ルパンはまだのようだな」 

次元「俺たちは奴らの狙いじゃなかったみたいだな」 

五ェ門「やはり最初からルパンを……?」 

次元「そうとしか考えられねえだろ」 

五ェ門「それも――」 

ルパン「いやぁ。酷い目にあっちまった」 

次元「ルパン。生きてたのか」 

ルパン「流石にあの2人と同時は生きた心地がしなかったけどな」 

五ェ門「そうか」 

次元「たくっ。場合によっちゃあ死んでいてもおかしくないっていうのに。殺しても死なない男だな、お前はよ。五ェ門もそう思うだろ?」 

五ェ門「……」 

ルパン「ひでぇ、言われようだ」カチッ 

ルパン「すっ……ぱぁー……。んじゃ、一服したところで早速次の予定を話ときますか」 

次元「おう。いつでもいいぜ、こっちはよ」 



18:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:18:43.36 ID:OZegOJR4o

―クロノス本部― 

ウィルザーク『失態だな』 

セフィリア「申し訳ありません」 

ウィルザーク『ルパン三世は何を持ち出した?』 

セフィリア「微量のオリハルコンです」 

ウィルザーク『そうか……』 

セフィリア「ルパン三世は必ず時の番人が排除いたします」 

ウィルザーク『当然だ。吉報を待っている』 

セフィリア「はい」 

ベルゼー「――終わったか」 

セフィリア「……」 

ベルゼー「No.Xが既に動いている。居場所もすぐに判明するはずだ」 

セフィリア「……ベルゼー」 

ベルゼー「どうした?」 

セフィリア「調べて欲しいことがあります」 



19:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:27:58.31 ID:OZegOJR4o

―某国 レストラン― 

リンス「確か……」 

不二子「はぁい。こっちよ」 

リンス「貴方が依頼人のフジコさんね?」 

不二子「初めまして、リンスレット=ウォーカーさん。噂は予てから聞いていますわ」 

リンス「それはどうも」 

不二子「早速で申し訳ないのだけど、仕事の話に移るわね」 

リンス「ええ。構わないわ。私もスムーズなほうが好きだから」 

不二子「あら、気が合いそうね、私たち」 

リンス「そう? 信頼できるかどうかは時間をかけないと分からないと思うけど」 

不二子「うふふ。貴方に依頼したのは勿論、盗んで欲しいものがあるからなの」 

リンス「それは……?」 

不二子「一般的には殆ど知られていない金属をご存知かしら?」 

リンス「金属?」 

不二子「オリハルコン。貴方に盗み出してほしいのは、それ」 



20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:37:37.87 ID:OZegOJR4o

リンス(オリハルコンって確か、トレインやジェノスの得物に使われてるっていう……) 

不二子「知ってるって顔ね。流石は悪名高き盗賊さん」 

リンス「知識として名前だけはね。それで、その金属はどこにあるの?」 

不二子「今現在、このオリハルコンを保有している組織は、クロノスのみ。どこで採掘されているのかも謎に包まれている」 

リンス「そうなの。なら、そのクロノスから盗むしかないわけね」 

不二子「そう思うでしょ?」 

リンス「え?」 

不二子「この顔写真を見て」 

リンス「……」 

不二子「この男の名前はトレイン=ハートネット。職業は掃除屋。でも、元クロノスの抹殺者。黒猫なんて呼ばれていたかしらね」 

リンス「その黒猫がオリハルコンを持っているってこと?」 

不二子「そう。あと住所ね」 

リンス「この住所は……」 

不二子「黒猫はそこにいる。あとは言わなくても分かるわよね?」 

リンス(この女、私がトレインと知り合いってことも知ってるわね……。何が目的なの……?) 



21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:46:32.33 ID:OZegOJR4o

―アジト― 

トレイン「はっくしゅん!! うぅん……」 

イヴ「くしゃみをすると菌が飛散して不衛生だからマスクしたほうがいいよ」 

トレイン「なんだよ、姫っち。人をバイキンみたいに」 

イヴ「……違うの?」 

トレイン「ひでー!!」 

スヴェン「元気そうだな。風邪は治ったのか?」 

トレイン「風邪じゃないって言ってるだろ」 

イヴ「どうみても風邪だよ。真冬の池に飛び込んだんだから」 

スヴェン「500イェン硬貨のためによくやるな」 

トレイン「見つけちまったんだから、仕方ないだろ」 

イヴ「トレインみたいな人を馬鹿っていうんだよね」 

スヴェン「ああ、その通りだ」 

トレイン「お前らなぁ……」 

スヴェン「事実だろ。その500イェンで風邪薬ぐらい買って来い。移されると困るからな」 



23:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 00:57:24.98 ID:OZegOJR4o

トレイン「姫っちが買いにいってくれよー」 

イヴ「どうして私がトレインのために買いに行かなきゃいけないの? トレインが弱っているほうが好都合だし」 

トレイン「な……!?」 

イヴ「スヴェンの隣は私のものになるね」 

トレイン「おいおい……」 

スヴェン「風邪じゃないなら仕事の話でもするか」 

トレイン「お、賞金首がいるのか?」 

スヴェン「ああ。ケチな窃盗犯だがな。賞金は50万。悪くはねえだろ」 

トレイン「よっし。そいつ捕まえて栄養のあるもの食べようぜ」 

イヴ「ダメ」 

トレイン「なんで?」 

イヴ「まずは借金返済に充てないと」 

スヴェン「ま、そうだな。こいつを捕まえてもカップラーメンで飢えを凌ぐしかねえよ」 

トレイン「なんだとー!? 病人を殺す気かー!?」 

イヴ(あ、電話だ) 



24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:03:47.62 ID:OZegOJR4o

スヴェン「元気じゃねーかよ!」 

トレイン「良いもの食おうぜ!!」 

スヴェン「いつもカップラーメンで満足してるだろ!」 

イヴ「スヴェン、電話だよ」 

スヴェン「誰からだ?」 

イヴ「リンスから」 

スヴェン「切ってくれ」 

イヴ「うん」ガチャン 

スヴェン「とにかくだ。薬を買うにしてもメシを食うにしても、この窃盗犯は捕まえなきゃ話は進まねえ。いいな? しっかり働けよ」 

トレイン「あー。熱が50度はあるなー、これー」 

スヴェン「それで生きてるんだから問題ないな」 

ピリリリリリ!!!! 

イヴ「はい」 

リンス『ちょっと!! イヴちゃん!! 何を勝手に切ってるのよ!?』 

イヴ「スヴェンが切れって言ったから」 



26:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:10:12.95 ID:OZegOJR4o

スヴェン「――何かようか?」 

リンス『久しぶりなのに、ご挨拶じゃない?』 

スヴェン「お前から話を振られるときは決まって厄日だ。応対だって横柄にもなる」 

リンス『酷いわね。色々尽くしてあげたっていうのに』 

スヴェン「なんかしてくれたか?」 

リンス『……実はあんたたちの耳にも入れておこうって思ってね』 

スヴェン「なんだ?」 

リンス『トレインの装飾銃を狙っている連中がいるみたいなの』 

スヴェン「ハーディスを? 何のためにだ」 

リンス『そこまでは知らないわ。私は盗んで欲しいって依頼されただけだもの』 

スヴェン「お前、まさか」 

リンス『断ったわよ。トレインには借りもあるしね。感謝してね』 

スヴェン「何をエラソーに」 

リンス『まぁ、銃というよりはオリハルコンに興味があるみたいな言い方だったけど』 

スヴェン「オリハルコン?」 



27:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:21:30.63 ID:OZegOJR4o

トレイン「……」 

イヴ「トレインのこと言ってるみたいだね」 

トレイン「また、厄介事を持ってきたのかもな」 

スヴェン「分かった。こっちでも注意してみる。で、そのフジコって女はどんな人相なんだ?」 

リンス『今から送るわ。ただ、本当の顔なのかは分からないけどね』 

スヴェン「この業界にいるやつは全員、何枚か顔を持ってるからな」 

リンス『そういうことね。それじゃ、また何かあったら連絡するから』 

スヴェン「できればしないでくれ」 

トレイン「なんだって?」 

スヴェン「お前の銃を狙っている奴らがいるらしいってだけだ」 

トレイン「そうか」 

スヴェン「クロノスだと思うか?」 

トレイン「そこ以外に誰がこんな気味の悪い黒い銃を欲しがると思う?」 

スヴェン「回収しにきたってことか」 

トレイン「さぁ……。だけど、この銃は誰にもわたせねえさ。それより賞金首捕まえに行くんだろ? さっさといかねえと逃げられちまうぜ、スヴェン?」 



28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:35:43.73 ID:OZegOJR4o

―某所― 

ルパン「五ェ門、どうだった?」 

五ェ門「傷一つ付かん。この金属は本物だろう」 

ルパン「でないと困るけどなぁ。ぬふふ。苦労して盗んだわけだしよぉ」 

次元「で、これは高く売れるのか」 

ルパン「いや。その辺にある小石のほうがまだ価値があるかもな」 

次元「……」 

ルパン「怖い顔すんなって。こいつ自体には価値なんてねえよの。それは何故か」 

五ェ門「斬鉄剣でも斬れぬようなもの、加工できるとは思えん」 

ルパン「その通り。こいつは硬すぎるんだ。どうしても砕けないし、傷一つ付きやしねえ」 

次元「だが、あいつらはオリハルコンで出来た剣や槍を持ってるんだぜ?」 

ルパン「そうだ。だから、どっかにあるわけよ。その加工技術がな」 

次元「だったら、お前が本当に盗みたいのはオリハルコンじゃないってことか?」 

ルパン「ああ。その技術はオリハルコンを世界一の宝石に変えちまう。オリハルコンとその加工技術はセットで欲しいんだ」 

次元「その技術とやらは本部にはなかったわけか?」 



30:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 01:50:51.20 ID:OZegOJR4o

ルパン「残念ながらな。まぁ、本部にないなら支部を当たってみるか……それとも……」 

次元「それとも持ち主に聞いてみるか、か?」 

ルパン「さっすが、次元。よくわかってんなぁ。オリハルコン製の武具は色々と作られているみたいでな。中には1人ぐらい加工の仕方を知っている奴がいるはずだ」 

五ェ門「果たしてそうか。奴らは飽くまでも処刑人に過ぎないはず。技術的なことを学んでいるかは……」 

ルパン「五ェ門だって斬鉄剣の作り方は知ってるだろ?」 

五ェ門「これは代々伝承される技術だ」 

ルパン「オリハルコンを剣にしちゃう伝統工芸も伝わってねえとおかしいだろ」 

五ェ門「仮にそうだとしても、恐らくはあのセフィリアという女ぐらいではないか?」 

ルパン「調べていけば、分かるって」 

次元「そんな調子じゃ日が暮れちまうぜ。夜になると時の番人たちも動き出すんじゃねえか?」 

ルパン「あいつらは昼夜問わねえよ。街一つ崩壊させても警察やら政府に圧力かけちゃうやつらだかんな」 

次元「ふんっ。今度の相手も骨が折れそうだな」 

ルパン「折れるぐらいにハードでなきゃ、お宝は光ってくれねえさ」 

五ェ門「オリハルコンか……」 

ルパン「斬鉄剣もオリハルコン製にするか? ぬふふふ」 



31:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 02:02:20.21 ID:OZegOJR4o

―クロノス本部 修練場― 

セフィリア「……何かわかりましたか?」 

ベルゼー「ルパン三世とその一味の居場所は分かった」 

セフィリア「そちらではありません」 

ベルゼー「……」 

セフィリア「やはり、簡単にはいきませんか」 

ベルゼー「正直言えば、疑問ではあった。貴女の不安も当然のものだろう」 

セフィリア「何故、ルパン三世がこの場所を知っていたのか。いえ、知り得たのか」 

ベルゼー「クロノスの人間でも場所を知っているものは少数だからな」 

セフィリア「彼らは内部構造まで把握しているようでした。迷いなくオリハルコンを保管している金庫室に向かいましたからね」 

ベルゼー「その後の逃走経路も調べてみれば下見を行った、或いは事前に知っていたとしか思えないほど無駄がない」 

セフィリア「内通者がいる。そう考えていいでしょう」 

ベルゼー「容疑者は……」 

セフィリア「無論、私も含めた時の番人全員です」 

ベルゼー「引き続き、調査を続ける」 



32:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 02:10:53.69 ID:OZegOJR4o

―数日後 アジト― 

トレイン「んごぉー……んごぉー……」 

イヴ「……もうお昼過ぎたのに、まだ寝てる」 

スヴェン「イヴ、トレインは寝かせとけ。昨日は張り切ってたからな。それより、今から一緒に買い物でも行くか」 

イヴ「うんっ」 

スヴェン「あと聞き込みもな」 

イヴ「聞き込み?」 

スヴェン「トレインの銃を狙っているって連中だ」 

イヴ「心配いらないと思うけど」 

スヴェン「俺もそう信じてはいる。だが、どうにも気になる」 

イヴ「刑事の勘?」 

スヴェン「はっはっは。そうだな。そんなところだ」 

イヴ「それじゃ、いこっ」 

スヴェン「おう」 

スヴェン(ハーディスを狙うのはクロノス以外にいるはずがねえ。だが、それをリンスに相談したっていうのが解せない。リンスはあのセフィリアとも面識があったはずだからな) 



33:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 02:23:22.65 ID:OZegOJR4o

―街― 

スヴェン「食料はこんなもんでいいか」 

イヴ「……」 

スヴェン「どうした?」 

イヴ「あの……本屋、行ってきてもいい?」 

スヴェン「ああ、行って来い。ここで休憩でもしておく」 

イヴ「ありがとう!」 

スヴェン「よっこいしょっと」 

スヴェン「ええと、タバコ、タバコ……あった。火は……」ゴソゴソ 

不二子「どうぞ」カチッ 

スヴェン「……どうも」 

不二子「お隣、よろしいですか?」 

スヴェン「ええ。構いませんよ」 

不二子「よかったわ。この街は初めてで、どうやら道に迷ってしまったみたいなの」 

スヴェン「それは大変だ。よければお教えいたしましょうか。この街のことは詳しいほうなので」 



34:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 02:34:08.61 ID:OZegOJR4o

不二子「まぁ、私って日ごろの行いがいいのかしら」 

スヴェン「それはどうでしょうね」 

不二子「あら、どういうこと?」 

スヴェン「フジコっていうのは、貴女のことでいいんですか?」 

不二子「……知っていたの。意地悪ね」 

スヴェン「リンスレット=ウォーカーとは知り合いでね」 

不二子「知っているわ。そしてあの小娘が貴方に情報を流すことも織り込み済みよ」 

スヴェン「……銃、いや、オリハルコンを欲しがっているそうだな」 

不二子「渡してくれる?」 

スヴェン「それはトレインに言ってくれ。銃はあいつのものだからな」 

不二子「どうにか貰えないかしら?」 

スヴェン「無理だろうな」 

不二子「そこをなんとかできないの?」 

スヴェン「あれは普通の人間が扱える代物じゃないはずだ。どうして欲しがっている?」 

不二子「お金になるからよ? それ以外にないわ」 



35:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 02:43:19.31 ID:OZegOJR4o

スヴェン「金か」 

不二子「貴方たちも随分と貧しい生活をしているって聞いたけど?」 

スヴェン「余計なお世話だ」 

不二子「あの生体兵器にだって満足なお小遣いはあげることができないんじゃない?」 

スヴェン「イヴのことまで知ってるのか」 

不二子「敵だもの。調べられることは全部調べちゃうわ」 

スヴェン(イヴのことはクロノスやクリードの連中しか……) 

不二子「どうやら、説得はダメみたいね」 

スヴェン「そこまで情報収集しておいて、どうしてリンスに話を持ちかけた? 黙って近づくこともできたはずだ」 

不二子「一応、聞いてみただけよ。協力してくれたら仕事も楽だしね。でも、本当の目的は知っておいて欲しかったのよ。敵はクロノスじゃないってことをね」 

スヴェン「なに……?」 

不二子「貴方も元IBIの捜査官なら知っているでしょう? ルパン三世の名前ぐらいは」 

スヴェン「ルパン、だと?」 

不二子「うふふ。そう。それが貴方の敵。それじゃ、次に会うときはベッドの上かもね」 

スヴェン「待て!!」 



36:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 03:00:22.87 ID:OZegOJR4o

イヴ「スヴェン、お待たせ」 

スヴェン「イヴ……。あ!? もういねえ……」 

イヴ「何かあったの?」 

スヴェン「いや……。ちょっと混乱してる。少し整理したい」 

イヴ「うん。じゃあ、私は本読むから」 

スヴェン「そうしていてくれ」 

イヴ「……」 

スヴェン(ルパン三世といえば、リンスレット=ウォーカーよりもよく聞く名前だな。リンスは政府機関のお抱え盗賊だが、ルパン三世は怪盗だ) 

スヴェン(素顔すら誰も知らないという噂まである男だ。もし狙われるようなことがあれば、流石のトレインでも……)

イヴ「……」ペラッ 

スヴェン「イヴ。アジトに戻るぞ」 

イヴ「うん。考えまとまったの?」 

スヴェン「アジトでもう一度考える」 

イヴ「まとまらなかったんだね」 

スヴェン(トレイン、しっかりと銃は握り締めとけよ) 



37:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/19(日) 03:30:06.91 ID:OZegOJR4o

―アジト― 

トレイン「んごぉー……んごぉー……」 

トレイン「――いい加減、挨拶ぐらいしたらどうだ?」 

ジェノス「こりゃ、失敬。お邪魔してますよっと」 

トレイン「リンスならいないぜ?」 

ジェノス「そんなこと見たらわかるでござんす」 

トレイン「用件言ってさっさと出て行けよ」 

ジェノス「俺、嫌われてるな~。寂しいぜぇ」 

トレイン「昨日、仕事が終わったばかりなんだよ。寝かせてくれ」 

ジェノス「はいはい。それじゃ、手短に。――時の番人は全員容疑者。これはセフィ姐からの伝言」 

トレイン「何に対してだ?」 

ジェノス「ルパンと共謀し、クロノスを潰そうとしている、みたいな感じで」 

トレイン「ルパンってあのリンスと同じ泥棒のか。あいつって実在するんだな」 

ジェノス「リンスちゃんと野郎を一緒にしないでくれよ。ま、とにかく、そういうわけだから。ちなみに、一番疑われてるのは元№XIII。アンタだ」 

トレイン「へぇ……俺がルパンとね……」 



49:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 16:09:16.42 ID:Fp0LzhJQo

ジェノス「といっても、俺はお前ががそんな下らないことをするなんて思っちゃいねえけどな」 

トレイン「それはどうも。で、ルパンは何をしたんだ?」 

ジェノス「詳細は知らされちゃいない。俺はただこのことを伝えて欲しいって言われただけから」 

トレイン「下っ端にさせればいいことをわざわざナンバーズにさせたってことは、クロノスはルパンのしたことを隠そうとしてるのか」 

ジェノス「そういうことを訊くのはナンセンスだぜ? 俺たちを敵に回したいなら別だけど」 

トレイン「まさか。クロノスそのものはともかく、隊長は怒らせたくないね」 

ジェノス「同感。セフィ姐は怖いからねぇ」 

トレイン「ジェノスも疑われてるんだよな。これからどうするんだ?」 

ジェノス「自分の手で疑いを晴らしたいけど、俺には別の仕事がある。今、ルパンを追ってるのはNo.Xみたいだ」 

トレイン「あいつか」 

ジェノス「一応言っておくが、あまりおかしなことしないほうがいいと思うぜ。セフィ姐はマジみたいだからな」 

トレイン「ご忠告ありがとよ」 

ジェノス「それじゃ、お互い生きてたら会うかもな」 

トレイン「そうだな」 

ジェノス「お邪魔しましたぁ~」 



51:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 16:16:32.73 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

ルパン「さぁて。そろそろ行動開始しますか。あまりのんびりしてると、嗅ぎつけられちまうからなぁ」 

五ェ門「いや。もう遅い」 

次元「なんだと?」 

ルパン「どっちだ?」 

五ェ門「顔馴染みのほうだ」 

ルパン「そうか。時の番人よりも早いか」 

銭形「――ルパーン!!! 逮捕だー!!!」バンッ!!! 

ルパン「とっつぁん、やるじゃないのぉ」 

銭形「貴様のいる場所など、臭いで分かる」 

ルパン「体臭には気を遣ってるんだけどなぁ」 

銭形「今日こそは貴様のその腕に手錠をはめてやろう」 

ルパン「わりぃが、まだ仕事が残ってるんでね。そっちはまたの機会にとっといてくれ」 

銭形「この機会を逃すほど、ワシは甘くない。知っているだろう」 

ルパン「まぁな。だからこそ、とっつぁんのことは尊敬してんだぜ?」 



53:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 16:27:36.00 ID:Fp0LzhJQo

銭形「ふん。貴様に尊敬されるほど、落ちぶれちゃおらん」 

ルパン「何気に酷いこという」 

次元「ルパン。落ち合う場所はどうする」 

ルパン「そうだなぁ。ルタってところにすっかぁ。あとはまたメールするからよ」 

五ェ門「行くぞ」 

銭形「にがすかぁ!!!」シュッ 

カシャン! 

ルパン「ありゃ? 腕上げたなぁ」 

銭形「さぁ、お前に冷めた飯を食わせてやる感謝しろ」 

ルパン「その料理を食べるほど、落ちぶれちゃいねえよ」 

銭形「減らず口をぉ」 

ルパン「ああ、それからよ。とっつぁんも気をつけたほうがいいぜ?」 

銭形「なに?」 

ルパン「最近、結構な危ない奴らに喧嘩売ったばかりなんだわ」 

銭形「貴様よりも危険な者など世界にはおらんがな」 



54:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 16:35:08.07 ID:Fp0LzhJQo

銭形「……」 

警官「銭形警部! ルパンはどうなりましたか!?」 

銭形「手錠を見れば分かるだろう」 

警官「残念ですね」 

銭形「……ルタという街に向かう」 

警官「ルタ、ですか?」 

銭形「奴は何かを仕出かす気だ。行き先を漏らすときはそう決まっている」 

警官「は、はぁ……」 

銭形「次は逃がさんぞ、ルパン」 

警官「……」 

銭形「何だ?」 

警官「いえ」 

銭形「ふん。早く捜査に戻れ」 

警官「はい」 

警官「(ルパン三世の捜査を専門としている者。本物のようですね)」 



55:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 16:54:18.71 ID:Fp0LzhJQo

警官「さて、次の行き先を連絡しないといけませんね」 

ベルゼー「その必要はない」 

警官「あ、どうも。遅かったですね。ルパン三世は逃げてしまいましたよ」 

ベルゼー「時の番人の一歩先を行く者がいたのか」 

シャオリー「――ええ。ゼニガタ、というジパングの警官です。ルパン捜査に関しては世界一のようですね」 

ベルゼー「ルパンの居場所はその男から得た情報だったのか」 

シャオリー「一部はそうです。何せ、ルパン三世の情報は僕でも得ることができませんから」 

ベルゼー「どういうことだ?」 

シャオリー「彼は僕と同じで、謎が多いんですよ年齢や身長、素顔ですらも分からないんですから」 

ベルゼー「なるほどな。データ上では存在しない人間というわけか」 

シャオリー「そうなりますね。だからこそ、ゼニガタさんの力は利用しなければなりません。僕たちにはできないことをしてくれる人ですから」 

ベルゼー「分かった。追跡のほうは引き続き任せる。だが、忘れるな。お前も容疑者の1人だということを」 

シャオリー「心配ありませんよ。僕がクロノスを転覆させるなんてこと考えているように思えますか? それに僕はあんな人と手を組むことはありませんよ」 

ベルゼー「他人の心など永遠に知ることはできない」 

シャオリー「それを言われると、参ってしまいますけど」 



56:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 17:02:47.17 ID:Fp0LzhJQo

銭形「――何をしている?」 

警官「いえ、なんでもありませんよ。聞き込みをしているところです」 

ベルゼー「急いでいるので失礼する」 

警官「ご協力感謝します」 

ベルゼー「……」 

銭形「待て」 

ベルゼー「……なにか?」 

銭形「私からも礼を言わせてくれ。ご協力感謝します」 

ベルゼー「有益な情報は与えられなかった。礼を言われても困る」 

銭形「いえ。これが礼儀です。貴方の貴重な時間を使わせてしまって申し訳ない」 

ベルゼー「それでは」 

警官「私も持ち場に戻ります」 

銭形「……待て」 

警官「なんでしょうか?」 

銭形「仮面を取れ。何者だ、貴様」 



57:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 17:15:44.07 ID:Fp0LzhJQo

警官「何を言っているんですか? 私は捜査協力の要請で呼ばれた――」 

銭形「聞こえなかったのか、仮面を取れといっている」 

警官「銭形警部、冗談もほどほどにしてください」 

銭形「まぁいい。貴様がワシをどうしたのかは知らんが、言わせてもらおう」 

警官「なんでしょう?」 

銭形「ワシの相手は骨が折れるぞ」 

警官「……」 

銭形「ではな。貴様は捜査せんでいい。気味が悪いからな」 

警官「分かりましたよ」 

銭形「ルパンよりは変装が上手いな。そこは褒めておいてやる」 

警官「ふふ……」 

シャオリー「――どこで気づいたのですか?」 

銭形「ルパンは変装の達人だ。人相、服装、背格好を訊ねても意味はない。ワシの部下なら知っていて当然のことだ」 

シャオリー「そういうことですか」 

銭形「若造ごときがワシを騙せると思うな」 



58:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 17:24:36.20 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

スヴェン「時の番人が直接来たのか?」 

トレイン「ああ。俺もルパンと共謀している容疑者らしい」 

イヴ「トレイン、早く自首したほうがいいよ」 

トレイン「そんなことしてねーって!」 

スヴェン「俺もよ、街でフジコって女と接触した。ま、向こうから近づいてきたって感じだけどな」 

トレイン「何か言われたのか」 

スヴェン「……敵はクロノスじゃない。ルパンだってな」 

トレイン「つまり、この銃を狙っているのはルパン三世ってことか」 

スヴェン「そう考えていいだろうな」 

トレイン「そりゃいい。好都合だ」 

イヴ「好都合って?」 

トレイン「ルパンを捕まえれば俺の疑いは晴れるし、何より賞金ももらえるんだろ?」 

スヴェン「確か賞金額もトップ5には入っていたはずだ」 

イヴ「だけど、それだけ危ない人だってことでしょ?」 



59:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 17:37:42.79 ID:Fp0LzhJQo

トレイン「ま、噂を聞く限りではクリードほどじゃないだろうけど」 

スヴェン「あんな奴と比べるなよ」 

トレイン「お宝のためなら何でもする。っていうは飼い猫時代でもよく耳にしてたな」 

スヴェン「IBIでも奴は有名人だ。敏腕捜査官が束になっても尻尾すらつかめなかったほどだ」 

イヴ「すごい人なんだね、ルパンて」 

スヴェン「感心はできねぇがな。盗むためなら人を殺すのも厭わない男だって話もある」 

トレイン「そんな奴が向こうから来るっていうんだったら、受けて立つぜ」 

スヴェン「いいのかよ。一応、クロノスも絡んでるだろ?」 

トレイン「関係ないね。俺の銃が狙われているなら、俺のことだし」 

スヴェン「いいけどよ。注意しておくに越したことはねえ。俺が捜査官時代に得たものは古いだろうし、最新の情報が欲しいところだな」 

トレイン「そこはスヴェンのパイプを頼らせてもらうか」 

スヴェン「あまり役に立つとは思えねえけどな」 

トレイン「俺は出かけてくる」 

イヴ「どこに行くの?」 

トレイン「ルパンのことを知っていそうな奴をあたってみる。姫っちもくるか?」 



62:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 17:51:33.81 ID:Fp0LzhJQo

―数日後 動物園― 

ルパン「中々、いいところじゃないの。コアラはみとかないとな」 

次元「探したぜ、ルパン」 

五ェ門「こんなところに呼び出してどういうつもりだ」 

ルパン「よぉ。ま、下見だな。切り札の」 

次元「切り札?」 

ルパン「ぬふふ。教えて欲しいか?」 

次元「頼まなくても喋るんだろ。バカだからな、お前は。こっちは別に興味もねえよ。なぁ、五ェ門?」 

五ェ門「……」 

ルパン「そんなこというなって。喋らせてくれよ」カチッ 

五ェ門「では、なんだ?」 

ルパン「すっ……ぱぁー……。時の番人ははっきりいって俺たちじゃ敵わねえ。化け物揃いの連中よ。この前のだって、綿密な逃走計画がなけれりゃあ確実に死んでた」 

次元「そりゃそうだな。五ェ門はまだいいが、俺の場合は足止めも満足に出来そうもねえぞ」 

ルパン「そりゃ俺だって同じよ。だからな、怪物の相手は怪物にさせちゃえばいいわけよ」 

次元「そうか。ルタの動物園っていえば……」 



63:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 18:00:41.31 ID:Fp0LzhJQo

フローラ「グルルル……」 

ルパン「ティラノサウルス・レックス。いいもんだろ。現代の遺伝子技術もここまで来たかって感じだ」 

五ェ門「ルパン、まさかこの恐竜を盗むつもりか」 

ルパン「さぁ、どうしたもんかな。いい考えある?」 

次元「ふざけんな。こんなの調教できるのか?」 

ルパン「爬虫類は基本的に人には懐かないからなぁ」 

次元「もっと現実的な作戦を考えろ。本当にバカだな、てめぇ」 

ルパン「悪いけど、これ以上の手はねえよ」 

次元「おい、本気か?」 

ルパン「俺が冗談をいう男に見えるか?」 

次元「冗談を体現したような奴が吐けるセリフじゃねえことは確かだな」 

ルパン「時の番人に追われる身とあっちゃぁ、これぐらいの切り札は用意しておくべきよ」 

五ェ門「とはいえ、これをどう盗みだす?」 

ルパン「そこだ。俺のポケットには少し大きすぎるしな」 

次元「全くだ」 



64:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 18:08:35.94 ID:Fp0LzhJQo

―リンスレットのアジト― 

トレイン「よっ」 

リンス「さ、入って、イヴちゃん」 

イヴ「お邪魔します」 

トレイン「おいおい。俺もいるだろ」 

リンス「私はイヴちゃんしか招待してないもの」 

トレイン「ルパンのことで聞きたいことがあるんだ」 

リンス「……それぐらいだったら電話でも教えてあげたのに」 

トレイン「生憎、お前に直結する電話番号を知らなくてな」 

リンス「前に教えたでしょ?」 

イヴ「あの電話番号、別の人が使ってたけど」 

リンス「あー。そっか。ごめんね。私、電話番号はいくつも持ってる上に、いらないって思ったらすぐに捨てちゃうから」 

トレイン「電話番号を知らないから、こうして直接来たんだろ。面倒な手続きまでして」 

リンス「仕方ないじゃない。メールでのアポイントメントはたとえ知り合いでも手順を踏んでもらわないと。私の命を狙ってるやつなんてごまんといるしね」 

イヴ(だからトレイン、何度もメール出してたんだ……) 



65:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 18:20:38.47 ID:Fp0LzhJQo

トレイン「で、知ってるよな?」 

リンス「知らない奴のほうが少ないんじゃない? この世界では」 

トレイン「お前だけが知っていることだってあるだろ」 

リンス「ちょっと。もしかして盗賊同士の繋がりでもあると思ってるわけ?」 

トレイン「ないのか?」 

リンス「あるわけないでしょ、そんなもの。そもそも向こうは私と違って連絡を取る方法なんてないはずよ」 

イヴ「会ってみようとしたことはあるってこと?」 

リンス「まぁね。興味もあったし」 

トレイン「会えたのか?」 

リンス「色んな伝手を使ってみたけど、まるでダメね」 

トレイン「なら、フジコって女は?」 

リンス「あれから何度か探りはいれてみたけど、どこにいるのかまではね。スヴェンに会いにきたんでしょ、あの女」 

トレイン「ルパンの差し金だろうな。俺への挑戦状のつもりだったのかもしれねぇ」 

リンス「ありえるわね。だけど、私が聞いたルパンとは少し違う気もするけど」 

イヴ「どう違うの?」 



66:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 18:38:19.27 ID:Fp0LzhJQo

リンス「うーん。人から聞いた噂みたいなものだから当てにはできないけど、ルパンは女を絶対に信用しないらしいわ」 

トレイン「その話が本当なら、ルパンの仲間に女はいないってことか」 

リンス「もしくは、女のほうが利用されているだけか、女がルパンの名前を勝手に使っているだけか」 

トレイン「そうなってくると、この銃が狙われているのかも怪しくなってくるな」 

リンス「噂だからね。ルパンが唯一信頼している女ってこともあるし」 

トレイン「……」 

イヴ「でも、クロノスから何かを盗んだのは本当の話なんだよね?」 

トレイン「セフィリアが本気になってるなら、そうだと思うぜ」 

リンス「ジェノスまで来たんでしょ。なら、間違いないんじゃない?」 

イヴ「フジコって女の人とルパンが仲間なら、クロノスから盗んだのもオリハルコンってことになるよね」 

トレイン「それがどうしたんだ」 

イヴ「ルパンはオリハルコンを何のために集めてるんだろうって思って……。スヴェンはお金のためだって言ってたけど、お金ためだけならお金を盗めばいいはずなのに」 

トレイン「何のためなんて、本人に聞かなきゃわからねえさ。さぁて、リンスからは特に何も聞けなかったし、そろそろ帰るか」 

イヴ「うん」 

リンス「何よ!! その言い方!! 普通なら情報料を徴収しているところよ!?」 



67:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 18:48:27.58 ID:Fp0LzhJQo

トレイン「変な奴が来てもドアは開けないほうがいいぜ?」 

リンス「そこまでマヌケじゃないわよ」 

トレイン「フジコって女に会ってみないと何も進展しなさそうだな」 

リンス「そうでもないかも」 

トレイン「どうして?」 

リンス「イヴちゃんがさっき言っていたけど、ルパンとフジコが仲間じゃないにしろオリハルコンを集めているのは間違いないんだもの。いつか必ずアンタの前にも現れるわ」 

トレイン「盗賊の考えか」 

リンス「一流の盗賊はね、狙ったものは必ず手に入れるのよ」 

トレイン「ふーん」 

リンス「油断しないことね。相手も伊達に何十年と警察の手から逃れているわけじゃないし」 

トレイン「今までのターゲットがどうだったのかは知らないが、俺から装飾銃は盗めないね」 

イヴ「どこから来るの、その自信」 

トレイン「俺がトレイン=ハートネットだからだ」 

リンス「バカじゃないの?」 

トレイン「じゃあな。何かあったら連絡してくれ」 



68:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 19:02:04.82 ID:Fp0LzhJQo

―IBI支部― 

スヴェン「ふぅー……」 

スヴェン(ここの空気はかわらねえな) 

銭形「――待たせたか」 

スヴェン「いえ。お忙しいところ申し訳ない。私はスヴェン=ボルフィード」 

銭形「ワシは警視庁総務局国際協力部第1課の銭形だ。今はわけあってここで世話になっている」 

スヴェン「以前から噂には聞いていました。貴方はルパンの捜査に関してはスペシャリストだと」 

銭形「それで掃除屋がワシに何のようかね」 

スヴェン「ルパンのことを聞きたいと思いまして」 

銭形「やはりか。残念だが、教えることはなにもない。教えたところでお前にルパンは捕らえられん」 

スヴェン「な……」 

銭形「帰ってくれ。ワシはお前のような掃除屋と話すために祖国からここへ来たわけではない」 

スヴェン「……だったら、フジコという女が俺に会いにきたことがあるとしても興味は沸かないのか?」 

銭形「なんだと……?」 

スヴェン「まぁ、座れって。他の掃除屋はルパンの賞金目当てでアンタに会いにきたんだろうが、俺は違うんだ」 



69:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 19:26:44.96 ID:Fp0LzhJQo

銭形「峰不二子は何のために貴様に会いに来た?」 

スヴェン「そう焦りなさんなって」 

銭形「いえ!!」 

スヴェン「言ってもいいが、そっちも情報を提供することを約束してくれ」 

銭形「幾らでも答えてやる! だから、言え!!」 

スヴェン「よし。まずこっちからだ。アンタがここにいるって話は知人から聞いたんだが、どうしてここに来た?」 

銭形「無論、ルパンが潜伏しているからだ。それ以外にない」 

スヴェン「誰からだ? ルパンの所在なんて事件が起こってからしかわからねえだろう。で、事件が起こったときには姿をくらましてる」 

銭形「本人だ」 

スヴェン「本人!?」 

銭形「先日、奴はとある場所で盗みを働いたらしい。らしいというのはまだどこから何を盗んだのかは分からんからだ」 

スヴェン(クロノスがその辺の事情を簡単に漏らすわけもないか。恐らく時の番人は誰よりも先にルパンを捕まえようとしているはずだ) 

銭形「IBIと連携を取り、先日ルパンを追い詰めたが逃げられてしまった」 

スヴェン「なら、そのときにルパンから次の行き先を聞いたのか?」 

銭形「ああ。奴はルタにいる。それ以外はまだわかっておらん。さて、スヴェン。次はお前の番だ」 



70:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 19:42:11.37 ID:Fp0LzhJQo

スヴェン「――以上だ」 

銭形「オリハルコン……。レアメタルの類か」 

スヴェン「詳細はわからないな。謎の超金属とだけ言っておく」 

銭形「お前の相棒がそのオリハルコンを持っているからこそ不二子が接触してきた。こう考えればいいか」 

スヴェン「可能性は高い」 

銭形「トレインとやらに会わせてもらうぞ」 

スヴェン「どうして?」 

銭形「奴が狙っているのなら警護する必要がある」 

スヴェン「その心配はいらないと思うけどな」 

銭形「トレインという男の身を案じているわけではない」 

スヴェン「わかってるよ。銃の心配もいらねえ」 

銭形「貴様はルパンを見くびっている」 

スヴェン「アンタはトレインを何も知らない」 

銭形「ふん。とにかく会わせてもらおうか。断るなら、公務執行妨害で逮捕だ」 

スヴェン「滅茶苦茶だな……」 



76:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 20:46:54.85 ID:Fp0LzhJQo

―動物園― 

ルパン「ふぅー……」 

不二子「ハァイ。元気?」 

ルパン「不二子ぉ。今までどこ行ってたんだ?」 

不二子「ちょっと野暮用でね。ルパンこそ、こんなところでなにしてるのよ。探すのに手間取ったでしょ」 

ルパン「でも、お前はこうして俺を見つけてくれた。やっぱり俺たちは運命の赤い糸で結ばれてるのかもな」 

不二子「そうかもね」 

ルパン「どうだ? このあと、朝まで俺と……」スッ 

不二子「その前に、はいこれ」 

ルパン「なんだ、これ? 不二子が泊まってるホテルのご住所?」 

不二子「残念。でも、お宝の住所よ」 

ルパン「オリハルコンか、それとも……」 

不二子「オリハルコンの所持者、トレイン=ハートネット。黒猫と呼ばれた男はそこにいるわ」 

ルパン「ぬふふふ。黒猫ね。生きてたのか」 

不二子「知ってたくせに。早く盗みにいけば?」 



79:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:01:30.96 ID:Fp0LzhJQo

ルパン「まだ時期じゃねえのよ」 

不二子「そんなこと言っていたら、刺客がくるんじゃない?」 

ルパン「時の番人か。あいつらはまだ顔を見せてねえな。どこまで俺たちに近づいてるんだ?」 

不二子「リン=シャオリーは知ってる?」 

ルパン「もっちろん」 

不二子「あの子は銭形警部に張り付いているみたいね」 

ルパン「ほぉ? とっつぁんとねぇ。目の付けどころが悪いな。とっつぁんは仮面野郎は絶対に信用しねえのによ」 

不二子「貴方の居場所は殆ど筒抜けだと思ってもらっても構わないわ」 

ルパン「そりゃ、面倒だ」 

不二子「だったら……」 

ルパン「不二子。ここには恐竜がいること、知ってるか?」 

不二子「フローラでしょ。何度もニュースになってたし、新聞でも嫌と言うほど見たわよ」 

ルパン「オリハルコンの前には、そのお宝を盗もうと思ってるわけよ」 

不二子「あんなの飾れないし、お金にもならないじゃない。食べても美味しく無さそう」 

ルパン「だが、利用価値はある。使わない手はねえ」 



80:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:11:39.19 ID:Fp0LzhJQo

不二子「何を考えているの?」 

ルパン「知りたいなら……んちゅー……」 

不二子「やめてっ」パシンッ 

ルパン「いてぇー」 

不二子「ふざけないでよ。真面目に話してるんだから」 

ルパン「こっちも本気さ」 

不二子「教えてくれないってこと?」 

ルパン「だって、不二子も教えてくれないだろ。本当に教えたくないことは」 

不二子「ま、そうだけど」 

ルパン「なら、おあいこってやつだな」 

不二子「……いいわ。だけど、仕事のときはきちんと呼んでよね。ここまでセッティングするの命がけだったんだもの」 

ルパン「わーってるよぉ。不二子、愛してるぜ」 

不二子「私もよ」 

ルパン「にゅふふふ。いいお尻だこと」スリスリ 

不二子「もう」 



82:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:24:31.91 ID:Fp0LzhJQo

次元「――よう、ルパン。終わったぜ」 

ルパン「ごくろーさん」 

次元「どうした、その顔。蜂にでも刺されたのか」 

ルパン「そんなとこだ」 

五ェ門「楽な仕事だったな」 

ルパン「そうなのか」 

次元「退屈なぐらいだ。場所も場所だけに警備も手薄。ここなら五ェ門だけでも十分だったかもな。なぁ、五ェ門?」 

五ェ門「……」 

ルパン「無視されてやんの。なはははは」カチッ 

次元「うるせぇ。で、こんなことで盗んだことになるのか?」 

ルパン「ふぅー……。まかしとけよ。俺の得た情報が確かなら、時の番人に一泡吹かせることもできる。ただ、もう一手間必要だけど、なっ」ポイッ 

次元「なんだこりゃ?」 

ルパン「次元も耳にしたことぐらいはあんだろ? 不吉を届ける黒猫の噂」 

次元「ガンマンで知らないやつはもぐりだ。クロノスからお宝を盗み出すって聞いたときから、その名前が出るのを楽しみにしてたぜ」 

ルパン「ぬふふふ。んじゃま、行きますか」 



83:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:32:27.56 ID:Fp0LzhJQo

―街― 

イヴ「はむっ」 

トレイン「うまいか?」 

イヴ「うん。隣に居るのがスヴェンだったら、もっと美味しかったけど」 

トレイン「姫っち、ほんと辛らつだな」 

……ピリリリ…… 

トレイン「はいよ。こちら、トレイン=ハートネット」 

スヴェン『今、どこにいる?』 

トレイン「丁度、アジトに戻ってるところだ。姫っちは今、アイス食ってるぜ。代わろうか」 

スヴェン『いや、いい。それより、アイスは二段までだと言っておけよ』 

トレイン「食育にも厳しいなぁ、パパは」 

スヴェン『誰がパパだ!!』 

トレイン「それで、ルパンのことわかったのか?」 

スヴェン『そのことでお前に会わせろって奴が今、俺の隣にいる』 

トレイン「あんたの元同僚か?」 



84:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:45:51.18 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

銭形「警視庁の銭形だ。ルパン捜査に関して協力してもらおう」 

トレイン「イヤだって言ったら?」 

銭形「逮捕だ」 

トレイン「過激だな。掃除屋はそれなりに法で守られてるんだから、賞金首を撃ったとかじゃ逮捕状は出ないぜ?」 

銭形「人間は生きているだけで罪人だ」 

イヴ「宗教の話?」 

銭形「罪を犯したことのない人間はこの世にはおらんということだ」 

スヴェン「軽犯罪か何かで逮捕するってことか?」 

銭形「例えば、拾った金をそのままポケットに仕舞う行為だけでも、やろうと思えば逮捕できる」 

トレイン「そんなこと一度もしたことねーしー」 

イヴ「……」 

銭形「それに……そこの少女。身分を証明できるものはあるのか?」 

スヴェン「……あるから世界中を渡ってるんだぜ、俺たちはよ。イヴには掃除屋のライセンスだってある」 

銭形「なるほど。掃除屋としてしか生きられなかったということか」 



85:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 21:52:23.46 ID:Fp0LzhJQo

イヴ「ちが――」 

スヴェン「違う!」 

銭形「本来なら学び舎で同年代と勉学に勤しんでいるはずだ。このような世界に足を踏み入れる理由があるとすれば……」 

スヴェン「てめぇ……」 

銭形「親、親族を事故か何かで全て失ったか、捨て子か……」 

イヴ「違います! 私は自分の意思でここにいます!」 

銭形「親はどこにいる?」 

イヴ「い、いません」 

銭形「誘拐の線もあるか」 

トレイン「おっさん」 

銭形「なん――」 

トレイン「俺の銃が見たかったんだろ?」チャカ 

銭形「……ワシには銃口しか見えんな」 

トレイン「そんなこと言うために来たっていうなら、俺は今からお前を叩き出す」 

イヴ「トレイン……」 



86:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:03:31.79 ID:Fp0LzhJQo

スヴェン「同感だ。アンタをここにつれてきたのは飽くまでも義理立てのためだ。少なからずルパンの情報をくれたからな」 

トレイン「出て行け。もう十分目的は果たしただろ」 

銭形「……その眼光。装飾銃。刺青。お前が黒猫と呼ばれた男か」 

トレイン「昔の話だよ」 

銭形「ならば、ルパンが盗みにはいったのは、秘密結社クロノスの息がかかった場所か」 

スヴェン「……!」 

トレイン「どうしてそういい切れる?」 

銭形「ワシの勝手な推測だ」 

トレイン「それにしてはやけに自信たっぷりって感じだけどな」 

銭形「強いて言うなら、ここにはルパンが欲しがるようなものは何一つない。その銃を狙っているのは間違いないだろう。狙う理由があるとすれば、その銃に何か価値があるからだ」 

トレイン「だろうな」 

銭形「その価値をどこで知ることができるのか。それは黒猫を飼っていたとされる、クロノスしかあり得ない」 

トレイン「やけに詳しいな、おっさん。どこまで知ってるんだ?」 

銭形「ルパンが狙いを定めそうな団体、組織ぐらいのことは知っている。そうでもしなければ、奴の行動を読むことなどできはせん」 

トレイン「寿命を無駄に縮めてそうだな」 



87:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:12:37.06 ID:Fp0LzhJQo

銭形「奴を逮捕するまでは死なん」 

スヴェン「おたくが仕事熱心なのはわかった。そこまで知っているなら、トレインの実力も耳にしたことあるだろ?」 

銭形「はっはっはっは。笑わせるな。正面から銃撃戦をするならルパンといえども蜂の巣にされるだけだが、奴はそんなことはせん。相手の土俵にはまず上がらん」 

トレイン「つまり、得意なことで勝負してくるってわけか」 

銭形「宣言してもいい。お前だけでは確実に奪われる」 

トレイン「へぇ。で、おっさんが居れば大丈夫ってことなのか?」 

銭形「銃を大事にしたいのなら、ワシと――」 

トレイン「お断りだね」 

銭形「……」 

トレイン「まずはイヴに謝ってくれ。それでもおっさんと手を組むつもりはないけどな」 

イヴ「トレイン、でも……」 

銭形「……わかった。では、ワシは退散するとしよう」 

トレイン「言っておくけど、監視したって無駄だぜ?」 

銭形「お前にはできんことぐらいわかる。失礼する」 

トレイン「べーっ」 



88:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:25:07.75 ID:Fp0LzhJQo

スヴェン「ふぅー……」 

トレイン「キョウコに教えてもらったことがあるぜ。嫌なやつがきたら、玄関にソルトを撒いたほうがいいらしい」 

スヴェン「やっとくか」 

イヴ「トレイン、よかったの?」 

トレイン「姫っち、優しすぎるぜ。もう少し怒っても誰も何もいわねえよ」 

イヴ「そうじゃなくて、ルパンのこと」 

トレイン「問題ない。俺から銃を盗める奴なんざ、いねぇって」 

イヴ「ホントに?」 

トレイン「結構長い付き合いなのに信じられないのかよ?」 

イヴ「……別に」 

トレイン「わかった!! そういうことかぁ!! 姫っちは普段キツいこというけど、やっぱり俺のこと心配してくれてんだなぁ。そういえば、子どもになっちまったときも俺に電話を――」 

イヴ「ちがう!! そういうんじゃないから!!! もう知らないっ!!」 

トレイン「……なんで怒ってんだ? たまに姫っちのことがわからなくなるよなぁ」 

スヴェン「トレイン。俺も銭形と協力しないのは賛成だが、それでも安心はできないぜ。相手は難攻不落とされた場所から物を盗みだすのが趣味らしいからな」 

トレイン「いい趣味してるな。上等だ」 



89:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:38:58.48 ID:Fp0LzhJQo

―街― 

銭形(黒猫の持つ装飾銃。今度ばかりはルパンも相手が悪いかもしれんな) 

銭形「戻るか。調べることも増えてしまったしな」 


ルパン「(うぇー。なんで、とっつぁんが黒猫の巣から出てくるわけぇ?)」 

次元「(ボディーガードについたとしたら厄介だな)」 

五ェ門「(日を改めるか?)」 

ルパン「(じょーだん。予定を変えるなんて負けを認めるようなもんだろ)」 

次元「(やる気か)」 

ルパン「(次元だって黒猫とのキャットファイトしたいんだろ?)」 

次元「(ふんっ)」 

ルパン「(それじゃ、ちょっくら行ってくっから、ここでみとけよ)」 

次元「(わかってるよ。お前から目を離さないようにしたらいいんだろ?)」 

ルパン「(頼むぜ。五ェ門もな)」 

五ェ門「(承知している)」 

ルパン「――郵便でーすっ」 



90:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:45:40.61 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

ピンポーン 

イヴ「はい?」 

『郵便でーすっ』 

イヴ「スヴェン、郵便だって」 

スヴェン「あー。イヴ、頼む」 

イヴ「うん」 

ルパン「どうも、これです」 

イヴ「はい。ありがとうございます」 

ルパン「にゅふふふ」 

イヴ「なんですか?」 

ルパン「いやぁ、礼儀正しいなぁと思いまして。親御さんがさぞかし立派なかたなんでしょうね」 

イヴ「いえ、そんな」 

ルパン「それでは、さいなら~。短い髪も素敵だけど、将来はティアーユ博士みたいロングヘアーにしたほうがいいと思うぜ?」 

イヴ「え……!?」 



92:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 22:52:14.22 ID:Fp0LzhJQo

イヴ「待って!!」 

スヴェン「どうしたんだ?」 

イヴ「……もう、いない」 

スヴェン「イヴ?」 

イヴ「スヴェン! 今の郵便屋さん、ティアーユこと知ってたの!」 

スヴェン「なに?」 

イヴ「どうして……? どうして、ティアーユのこと知ってたの……?」 

スヴェン「トレイン!!」 

トレイン「――もう見てる。近くにはいないな」 

スヴェン「ルパンか?」 

トレイン「姫っち。郵便ってのは?」 

イヴ「こ、これ……」 

トレイン「……」ペラッ 

スヴェン「なんて書いてあるんだ?」 

トレイン「明日になった瞬間に黒い装飾銃をいただきに参上する、ルパン三世より。だってさ」 



93:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:03:56.29 ID:Fp0LzhJQo

スヴェン「午前0時に来るってことか?」 

トレイン「正々堂々としてるな。泥棒の割には」 

スヴェン「それだけ盗みだす自信があるってことか」 

トレイン「どんなトリックを使ってくるんだろうな」 

イヴ「……」 

スヴェン「イヴ、気にするな。あいつらはクロノスに喧嘩を売ったんだ。クロノスのこともきっと調べていたに違いない。その過程で知ったんだろう。色んなことをな」 

イヴ「そうだね……」 

トレイン「どこに居てもいいなら、近くの公園で時間まで寝てるか」 

スヴェン「おい、トレイン。アジトの中にいたほうが」 

トレイン「銃撃戦になったらどうするんだよ。修繕費とかかさむぜ?」 

スヴェン「それは困るが」 

トレイン「あと2人はアジトにいてくれ」 

スヴェン「いいのか?」 

トレイン「ああ。スヴェンはミルクでも温めておいてくれよ」 

スヴェン「……了解」 



94:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:12:07.33 ID:Fp0LzhJQo

―公園― 

トレイン「……」 

ルパン「よぉ。あんちゃん」 

トレイン「誰だ?」 

ルパン「ルパーン三世とは俺のことよ」 

トレイン「アンタが予告した時間まで6時間以上あるぜ?」 

ルパン「ぬふふふ。だから、まだ何も盗むつもりはねえよ」 

トレイン「今、ここで勝負をつけても文句はないよな。姿を見せたってことは」 

ルパン「するなら俺が近づいてきた時点でやってるだろ」 

トレイン「それもそうか」 

ルパン「待ち合わせには6時間前から来るタイプの人?」 

トレイン「いや。むしろ遅刻するほうかもな。スヴェンや姫っちにはよく怒られる」 

ルパン「なら、どうして今日に限ってこんなに早く1人になったんだ? 俺も待たせちゃ悪いと思って出てきちゃっただろ?」 

トレイン「猫がどこに行こうと勝手だろ?」 

ルパン「それもそうだな」 



95:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:21:37.10 ID:Fp0LzhJQo

トレイン「何が狙いだ?」 

ルパン「オリハルコンとその加工技術」 

トレイン「加工技術?」 

ルパン「おたくの銃にも使われている超金属は兵器にすりゃあとんでもないものになる」 

トレイン「武器商人にでもなりたのか?」 

ルパン「俺が欲しいのは価値のあるお宝よ。それをどうこうするつもりはない。まぁ、加工技術が手に入れば俺の愛銃もオリハルコン製にしちゃうかもしれないけどな」 

トレイン「完全に道楽か」 

ルパン「そんなところだ」 

トレイン「で、俺から銃を――」 

ルパン「いい銃だなぁ。これ。かっこいいなぁ。益々欲しくなっちまった」チャカ 

トレイン「お前……」 

ルパン「ほらよ、返すぜ。今のはほんの挨拶代わりだ」 

トレイン「やるな。気づかなかったぜ」 

ルパン「黒猫さん、今のうちにその銃の手入れはしておいてやれよ。一生、会えなくなるからな」 

トレイン「お前こそ、今のうちに神頼みでもしておけよ。この装飾銃を見た奴には必ず不吉が届くからな」 



97:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:29:13.98 ID:Fp0LzhJQo

ルパン「おー、怖い怖い」 

トレイン「いい芸を見せてくれたお礼だ。そのチップはくれてやるよ」 

ルパン「チップだぁ?」 

トレイン「楽しみにしてるぜ、ルパン」 

ルパン「……」ゴソゴソ 

ルパン「おぉ。500イェン硬貨か。いつ懐に入れやがったんだぁ?」 

トレイン「消毒薬と絆創膏でも買いにいきな」 

ルパン「ぬふふ……。時の番人は伊達じゃねえなぁ」 

トレイン「お前もな。今ので見直したぜ」 

ルパン「んじゃ、またあとでな。風邪、ひくなよ」 

トレイン「ご忠告どーも」 

ルパン「あーっはっはっはっは」 

トレイン「……なに大笑いしてんだよ」 

トレイン「あと、6時間……」 

トレイン「うしっ。寝るか」 



98:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:38:24.62 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

スヴェン「――あと1時間か」 

イヴ「スヴェン」 

スヴェン「まだ起きてたのか?」 

イヴ「うん。行かなくていいの?」 

スヴェン「必要ないだろ。トレインならな」 

イヴ「……」 

スヴェン「なんだ?」 

イヴ「なんだか、トレインがこのまま帰ってこないような気がして……」 

スヴェン「おいおい、イヴ。なにを言ってるんだ?」 

イヴ「ごめんなさい。トレインのこと、信じてはいるんだけど。だけど、どうしても……」 

スヴェン(そういえば、かなり前に同じようなことをイヴが言っていたな) 

イヴ「……気にしないで。きっと私がおかしいだけだと思うから」 

スヴェン「今から行っても早すぎるな。0時を過ぎたら迎えに行くぞ。それまで起きてろ」 

イヴ「スヴェン……。う、うんっ」 



99:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:42:55.42 ID:Fp0LzhJQo

―公園― 

トレイン「すぅ……すぅ……」 

「時間だぜ」 

トレイン「――いつでもいいぞ」 

次元「そうかい。なら、そうさせてもらうか」 

トレイン「ルパンの仲間か」 

次元「次元だ」 

トレイン「あんたはガンマンみたいだな」 

次元「お前の腕をこの目で見ときたい。ルパンが銃を盗む前にな」 

トレイン「いいぜ。まぁ、盗ませる気は微塵もないけど」 

次元「はっはー。言うな」 

トレイン「……」 

次元「……」 

トレイン「――ふっ!」チャカ 

次元「――くっ 



100:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:48:47.43 ID:Fp0LzhJQo

――ドォン!! 

ルパン「ふぃー……」 

五ェ門「行くか」 

ルパン「そうだな」 

次元「ふぅー……」 

ルパン「よぉ、次元。どうなったよ?」 

次元「見ての通りだ」 

ルパン「ぬふふふ……」 

トレイン「ぐっ……ぁ……」 

ルパン「盗み甲斐がねえなぁ。次元、手加減してやったのか?」 

次元「拍子抜けだな。黒猫がこんなもんだったとは」 

ルパン「この消毒薬と絆創膏、あんたにやるぜ」ドサッ 

トレイン「うっ……ぁ……」 

五ェ門「ルパン、このあとは?」 

ルパン「目的のものは向こうからやってくるはずだ。それまで気長に待つっきゃねえよ。あばよ、黒猫。長生きしろよ。なははははは」 



101:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:54:00.14 ID:Fp0LzhJQo

スヴェン「トレイン!!!」 

イヴ「トレイーン!! どこー!?」 

スヴェン「ちくしょう。どこにいるんだ……?」 

イヴ「あ!? スヴェン、こっち!!」 

スヴェン「こりゃ……血のあとか……」 

イヴ「まだ乾いてないね」 

スヴェン「ついさっき銃声が聞こえたからな。この血は誰のものだ……?」 

イヴ「もしかして……トレイン……」 

スヴェン「そんなわけはねえよ」 

イヴ「でも、トレインいないし……」 

スヴェン「あいつが簡単にやられたりしねえ」 

イヴ「うん。ごめんなさい」 

スヴェン「アジトに戻るぞ。入れ違いになったかもしれねえからな」 

イヴ「そ、そうだね」 

スヴェン「ホットミルク、用意してやらねえと」 



103:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/20(月) 23:58:37.36 ID:Fp0LzhJQo

―アジト― 

スヴェン「……」ガチャ 

イヴ「トレイン、帰ってる?」 

「ああ、待ってたぜ。イヴ」 

イヴ「――誰?」 

「ありゃぁ。今の声、そっくりだったはずだけどなぁ」 

スヴェン「ルパンか……?」 

ルパン「だーいせいかい。このご時世、あんな安物の鍵じゃすぐに泥棒がはいるぜ?」 

スヴェン「盗まれるようなものは置いてなくてね」 

ルパン「これ、なーんだ?」チャカ 

イヴ「トレインの……!?」 

ルパン「あるじゃないのぉ。こんなボロの家にもお宝がな」 

スヴェン「トレインはどうした?」 

次元「俺がやっちまった」 

イヴ「……!?」 



104:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:05:18.17 ID:T+0e5G5Bo

スヴェン「そんなはずがねえ!!」 

ルパン「なら、この銃はどう説明する? 贋作だぁなんていうつもりか? まぁ、証明して欲しかったらしてやるよ。次元」 

次元「はいよ」ドォン!! 

ルパン「あらよっと」ギィンッ 

イヴ「銃弾が……」 

ルパン「オリハルコンだからこそ成せることだわな。これは本物だ」 

スヴェン「なにぃ……」 

次元「諦めな。黒猫は死んだ。死体は見つかったら面倒だから池の中に沈めておいた」 

スヴェン「……!?」 

ルパン「あばよ。追ってくるなら死ぬ気でこいよ。スヴェンちゃん」 

次元「はっはー」 

スヴェン「待て」 

次元「なんだ?」 

スヴェン「……風邪、ひくなよ」 

次元「ひくかよ」 



108:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:13:09.22 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「スヴェン……あの……」 

スヴェン「癪だが銭形と連絡を取る。すぐに出かけることになるかもしれねえから、イヴは待機してろ」 

イヴ「うんっ」 

スヴェン「くそ、トレインの野郎……手間をかけさせるんじゃねえよ……」 

イヴ「……」 

スヴェン「――スヴェン=ボルフィードだ。銭形警部と繋いでくれ。ああ、ルパン絡みだって伝えれば応じてくれる」 

スヴェン「……」 

銭形『ワシだ』 

スヴェン「あんたの言ったとおりだ。ルパンはまんまと盗んでいった」 

銭形『そうか』 

スヴェン「……力を貸してくれ」 

銭形『条件がある』 

スヴェン「なんだ?」 

銭形『ルパンはワシが捕まえる。お前はワシに協力しろ。いいか? お前の持つ特殊な眼は役に立つかもしれんからな』 

スヴェン「もうそこまで調べたのか……。分かった。言うとおりにする」 



111:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:26:59.61 ID:T+0e5G5Bo

―クロノス本部― 

セフィリア「――ハートネットが?」 

ベルゼー「ああ。ルパンと接触、その後行方不明になったとのことだ」 

セフィリア「まさか、そんな……。ルパンの戦闘力は時の番人には遠く及ばないはず……」 

ベルゼー「……」 

セフィリア「事実として受け止めなければなりませんか」 

ベルゼー「元とはいえ時の番人がやられたという事態は看過できんな」 

セフィリア「ハーディスも奪われたと考えたほうが自然ですね」 

ベルゼー「奴の狙いがオリハルコンだとすればな」 

セフィリア「ルパンの所在は?」 

ベルゼー「今、全力で捜索しているところだ」 

セフィリア「それと世界中の捜査機関に通達を」 

ベルゼー「なんだ?」 

セフィリア「――ルパンを発見、確保後は私……上層部に引渡すようにと」 

ベルゼー「了解。ルパンは必ず我々が捕らえよう」 



113:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 00:44:59.45 ID:T+0e5G5Bo

―某所― 

ルパン「ぬふふふ。やっぱり、かっこいいなぁ。こりゃぁ。呪われそうだぜぇ」チャカ 

五ェ門「そうか」 

次元「で、ルパン。暫くは自由にしていてもいいのか?」 

ルパン「ああ、かまわねえよ」 

次元「そうか。それじゃ、寝かせてもらうぜ」 

ルパン「多分だが、動くのはまだ先になるからなぁ。ばっちり寝とけよ、次元? 腰が痛くならねえ程度にな。にゅふふふ。五ェ門もな?」 

五ェ門「……」 

ルパン「はい。無視っと」 

次元「はっはー。そうさせてもらうか」 

ルパン「ぬふふふ。んじゃま、俺も襲撃に備えるとしますか」 

五ェ門「時の番人対策はあれで十分ではないのか」 

ルパン「いやいや。あれは切り札よ。切り札なんてのはなぁ、使わないほうがいいだろ?」 

五ェ門「では、どうする?」 

ルパン「どうするってそれを今から考えるんだよ。今からな……」 



116:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 16:54:35.79 ID:T+0e5G5Bo

―リンスレットのアジト― 

リンス「うーん……。やっぱりフジコって女とは一切連絡が取れないわね」 

リンス(トレインはともかく、イヴちゃんに目を付けられていたら大変だわ) 

ピリリリ……ピリリ…… 

リンス「――はい?」 

『エレナさん?』 

リンス「ええ、そうですけど。仕事のご依頼ですか?」 

『そうね。会って頂けるかしら?』 

リンス「この番号を知っているということは、それなりの人脈がある人物のようですね。貴方のお名前は?」 

『峰不二子と申します』 

リンス「……」 

『なにか?』 

リンス「……何が目的なの?」 

『仰っている意味がよくわかりませんわ』 

リンス「まぁ、いいわ。とにかく会いましょう。こっちも色々と聞きたいことがあるのよ」 



117:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 16:59:21.42 ID:T+0e5G5Bo

『――では、お待ちしていますわ』 

リンス「ええ。こちらこそ」 

『うふふ……』 

リンス「……」ピッ 

リンス(何を企んでいるのか分からないけど、私を利用しようとしているかもね) 

リンス「そう簡単にリンスレット=ウォーカーを手駒にできると思ってるのかしら」 

リンス「……」ピッピッ 

リンス「――私よ」 

『どうしたの?』 

リンス「暇ならでいいんだけど、ちょっと付き合ってくれない?」 

『リンスちゃんの頼みならオールオッケー。といいたいけど、こっちも仕事でねぇ』 

リンス「こっちもルパン絡みなのに断るの?」 

『へぇ……。さっすが、リンスちゃん。俺が惚れた女のだけはあるね』 

リンス「来る?」 

『行かせていただきますよ』 



118:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:04:53.37 ID:T+0e5G5Bo

―アジト― 

ルパン「ちょっくら出かけてくるぜ」 

五ェ門「いつ戻る」 

ルパン「夜明け前には戻ってくるよ」 

五ェ門「承知」 

次元「俺も一緒じゃなくていいのか?」 

ルパン「心配してくれてるのかい? ぬふふ。持つべきものは相棒だぁね」 

次元「どうなんだよ」 

ルパン「必要ねぇよ。次元の手を借りるまでもねえことさ」 

次元「そうか」 

ルパン「んじゃな」 

次元「……」 

五ェ門「どうした。やはりルパンの動向が気になるか、黒猫よ」 

次元「……なに?」 

五ェ門「気づいていないと思っていたわけでもあるまい。――貴様に伝えておきたいことがある」 



119:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:14:21.29 ID:T+0e5G5Bo

―街 酒場― 

イヴ「……」 

銭形「では、お前たちが直接ルパンを見たわけではないということか」 

スヴェン「ああ。現場はもう誰もいなかった。血と硝煙の臭いだけ残してな」 

銭形「そしてトレインも行方不明か」 

スヴェン「ルパンに連れ去られたと見て間違いない。あの装飾銃も」 

銭形「……オリハルコンについてだが、一つ分かったことがある」 

スヴェン「なんだ?」 

銭形「どのような熱や衝撃にも耐え、朽ちることのない超金属らしいな。トレインの相棒なら知っているだろう」 

スヴェン「それぐらいはな」 

銭形「そのような金属をどのようにして加工しているのか考えたことはあるか?」 

スヴェン「……」 

銭形「ワシの予想では、ルパンの真の狙いはオリハルコンではなく、その加工技術にあると見ている」 

スヴェン「技術を盗んでどうするつもりなんだ? いや……そうか……」 

銭形「門外不出のオリハルコン加工技術。外に流れ出せば面白いものが見れるだろうな」 



120:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:22:29.43 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「どうなっちゃうの?」 

スヴェン「超金属で作られる武器は超兵器になりえるってことだ。イヴも目にしただろう」 

イヴ「……うん」 

銭形「軍事国家などは大枚を叩いてでも欲しがるものだ。加工技術など確立されていないと思われ放置されてきたオリハルコンの価値も急激に上がる」 

スヴェン「ルパンは技術を流失させてオリハルコンの価値を上げようとしているってことか」 

銭形「そうとしか考えられん」 

スヴェン「ってことは」 

銭形「オリハルコンが手元にある今、ルパンが次に狙うのは技術そのものに他ならん。それがどこにあるのか。もう考えなくてもわかるはずだ」 

イヴ「クロノス」 

銭形「そうだ。これでトレインが連れ去られた理由も見えてくる」 

スヴェン「クロノスの施設を探すためか。といってもトレインでさえクロノスの施設がどこにあるのかなんて把握してないはずだ。秘密主義の組織だからな」 

銭形「この近郊に一箇所以上はあるはずだ」 

スヴェン「何故、そう言い切れる?」 

銭形「ルパンはルタに向かうと行った。ならば、ここにある」 

スヴェン「……随分とルパンを信頼してるんだな」 



121:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:31:12.46 ID:T+0e5G5Bo

銭形「ルパンはそういう男だ」 

スヴェン「ま、アンタがそういうならそうなんだろう」 

イヴ「でも施設がどこにあるのかは分からないんじゃないですか?」 

銭形「スヴェン。お前の嗅覚もこの際当てにさせてもらう。捜査官時代は中々に優秀だったそうだからな」 

スヴェン「鼻が詰まってなければいいけどな」 

銭形「鈍っているはずがない。掃除屋なのだからな」 

スヴェン「言ってくれるな」 

イヴ「……あの」 

銭形「なんだ?」 

イヴ「ルパンはオリハルコンでお金を儲けようとしているんですか?」 

銭形「いや。違う」 

イヴ「え?」 

銭形「奴にとって金など紙切れにすぎん。宝石も奴から見れば石ころ同然だ。ルパンが本当に欲しいものは、危険だけだ」 

イヴ「意味がわかりません……」 

銭形「スリルを欲する異常者だ。故に一秒でも早く奴を豚箱に叩き込まなくてはならん」 



122:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:39:37.13 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「それがどうしてオリハルコン加工技術を流出させることに繋がるんですか? クロノスと戦いたいから?」 

銭形「全てが世に広まってしまえば各国の軍事技術は飛躍的に上がるだろう。勿論、様々なセキュリティーも今とは比べ物にならんほど強化される」 

スヴェン「ルパンは自分で自分の首を絞めているってことか」 

銭形「現代に奴が突破できぬ壁はない。だが、オリハルコンならば阻む壁が現れる可能性がある」 

スヴェン「気が狂ってやがるな」 

イヴ「でも、軍事技術が上がったら、またクリードたちみたいな人が出てくるかもしれない……」 

スヴェン「テロリストだって力を増すだろうな」 

銭形「戦乱の時代になろうとも、自分が楽しめればそれでいい。そう考えている男だ」 

イヴ「そんなの間違っています」 

銭形「……」 

イヴ「スヴェン、止めよう。ルパンのこと」 

スヴェン「イヴ……」 

イヴ「止めなきゃ、悲しい思いをする人が増えるから」 

銭形「くくく……はーっはっはっはっは!!」 

イヴ「な、なんですか?」 



123:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:49:23.95 ID:T+0e5G5Bo

銭形「小娘。お前は確かに強く有能だ。ナノマシン生体兵器なのだから当然のことだがなぁ」 

イヴ「……!?」 

スヴェン「どこまで調べ上げた……!?」 

銭形「だが、非情になれておらんな。お前は一つの犠牲もなく、事を終わらそうとしている」 

イヴ「なにがいけないんですか」 

銭形「正義の味方を気取るならば、非情になれ」 

イヴ「それは何かを犠牲にしろということですか」 

銭形「悪を倒すつもりならばな」 

イヴ「嫌です」 

銭形「……ほぉ?」 

イヴ「私たちには掃除屋のやり方がありますから」 

スヴェン「イヴの言うとおりだ。そこまでアンタの指示に従うつもりはねえよ。悪いけどな」 

銭形「その結果、ルパンを取り逃してしまうことになってもか」 

イヴ「ルパンは捕まえます。犠牲も出しません」 

銭形「小娘らしい青臭い正義感だ」 



124:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 17:55:42.24 ID:T+0e5G5Bo

スヴェン「青臭くて結構。実際、イヴはまだまだ青いからな」 

イヴ「未熟ってこと……?」 

スヴェン「そ、そうじゃなくてな……」 

銭形「……お前たちに期待するのはその戦闘能力だけだ。余計なことは一切するな。ワシの足を引っ張ることになる」 

イヴ「そのときになってみないと分かりません」 

銭形「もういい。お前を説得できるとは思わん」 

イヴ「……っ」 

スヴェン「イヴ、落ち着け。話を戻すぞ」 

銭形「ルパンが次に現れそうな場所ははっきり言って数え切れん。クロノスの傘下にある下部組織を含めれば、相当数に及ぶ」 

スヴェン「つまり、クロノス関連の施設は無数にあるわけだ」 

銭形「ああ。だが、ルパンは既に目星をつけているはず」 

スヴェン「結局は後手に回らざるを得ないってことか」 

銭形「……そうだな」 

イヴ「……」 

スヴェン「イヴ、何か飲むか?」 



125:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:02:38.66 ID:T+0e5G5Bo

―ビル 屋上― 

ルパン「ぬふふふ……。よぉーく、みえるなぁ」 

次元「ここでいいのかよ」 

ルパン「高さは十分。場所も完璧。ここ以外にどこにあるんだ?」 

次元「そうだな。ライフルは?」カチッ 

ルパン「ほらよ。これでいいだろ?」 

次元「ふぅー……。問題ねぇ」 

ルパン「黒猫はやっぱり強かったか」 

次元「最高のガンマンだな、ありゃ。久しぶりに負けを認めちまったぜ」 

ルパン「だけど、このまま終わるわけにはいかねえよなぁ、次元?」 

次元「当然だ」ガチャン 

ルパン「どうだ?」 

次元「ああ、ここからならいくらでも狙えるぜ」 

ルパン「んじゃ、俺はそろそろ行くわ。――全てが終わるまで会えねえな。次元、よろしく頼むぜ」 

次元「達者でな。ああ、そうだ。黒猫から俺の愛銃は返してもらってくれよ。あれがないとどうにも落ち着かなくてな」



126:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:09:43.29 ID:T+0e5G5Bo

―街― 

不二子「――最後の挨拶は済んだのかしら?」 

ルパン「縁起でもねえこというなよぉ。そっちはどうなんだ?」 

不二子「リンスレット=ウォーカーと会う約束をしておいたわ」 

ルパン「よぉし。リンスちゃんがやってくれっかが鍵だな」 

不二子「やるんじゃない?」 

ルパン「ま、やらなくても不二子がやるしな」 

不二子「言っておきますけど、私はルパンの味方ってわけじゃないのよ」 

ルパン「知ってるよ。だから、こんなことしてんだろ」 

不二子「分かっているならいいのよ」 

ルパン「これ、届けてくれ」 

不二子「あら、もう始めるの? この前はまだ時期じゃないって言ってたのに」 

ルパン「野良猫がアジトに住み着いちまってな。前倒しだ。なぁに、支障はねえさ。切り札もある」 

不二子「いいわ。届けてあげる」 

ルパン「よろしくなぁ」 



127:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:21:40.68 ID:T+0e5G5Bo

―クロノス本部― 

ベルゼー「No.Xからの報告だ。ルパンの所在と次の目的地のリストが届いた」 

セフィリア「……流石はルパン三世ですね。ここに当たりをつけたとは」 

ベルゼー「不自然だとは思わないか」 

セフィリア「大泥棒とはいえ、狙いが的確すぎますね」 

ベルゼー「貴女はもうわかっているのではないのか。誰が情報を流しているのか」 

セフィリア「……」 

ウィルザーク『No.I、セフィリア=アークス』 

セフィリア「ここに」 

ウィルザーク『ルパンの件で入手した情報がある』 

セフィリア「なんでしょうか」 

ウィルザーク『彼奴の狙いはオリハルコンの加工技術だ』 

セフィリア「オリハルコンの……!?」 

ベルゼー(あれが外に出てしまえば混乱は避けられんな。星の使徒に匹敵する組織も生まれるかもしれん) 

ウィルザーク『世界を混乱に陥れるルパン三世を必ず仕留めよ。奴は危険だ』 



128:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:29:21.93 ID:T+0e5G5Bo

―街 喫茶店― 

不二子「うふふ。待たせちゃったかしら?」 

リンス「遅刻する相手とは商談しない主義だけど、貴女は別よ」 

不二子「うれしいわぁ」 

ジェノス「これは偉い美人さんだなぁ」 

リンス「……ふんっ」ガッ! 

ジェノス「がっ……ぎぃ……!? リンスちゃん、ヒールの踵は危険っすよ……マジで……」 

不二子「仕事の話をしましょうか」 

リンス「その前に聞かせて。ルパンのことをね」 

不二子「ルパン? なんのことかしら?」 

リンス「とぼけてもいいけど、どうなるか分からないわよ?」 

不二子「あら、どういう――」 

ジェノス「悪いね。レディには優しくするのがモットーではあるけど、ルパン一味となれば話は別だ。刺身になりたくないなら、話してもらうぜ。あんたらのことをな」 

不二子「糸……?」 

ジェノス「下手に触ると切れるから、気をつけてね」 



129:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:33:39.86 ID:T+0e5G5Bo

不二子「こんな人の往来で殺すつもりはないでしょう?」 

リンス「さぁ、どうでしょうね」 

不二子「……」 

ジェノス「この店がクロノスとふかーい関係なら、犯罪も黙殺されるかもしれない」 

不二子「そういうこと」 

リンス「さ、喋って」 

不二子「何から話せばいいの?」 

リンス「ルパンの目的、現在の居場所、それから……」 

ジェノス「君のスリーサイズ」 

リンス「……」ガッ! 

ジェノス「ぎゃぁ!?」 

不二子「仲がいいのね」 

ジェノス「あ、そうみえる? やっぱり?」 

リンス「アンタはだまってて!! それから、貴女は何をしようとしているのか」 

不二子「私?」 



130:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:47:40.72 ID:T+0e5G5Bo

リンス「ルパンは女を信用しないって聞いたことがあるのよ。だから、貴女とルパンは利害が一致してるから行動しているだけかなって思ってて」 

不二子「あら、鋭いわね。実はその通りなの。ルパンと私は古い付き合いではあるけど、お互いに信頼はしても信用はしないっていう暗黙のルールがあってね」 

リンス「そんな話はどうでもいいわ。貴女が何をしたいのか言いなさい」 

不二子「私は巨万の富が欲しいだけよ」 

リンス「銀行でも襲えば? 詰めの甘いところ教えてあげてもいいわよ?」 

不二子「貴女も現金そのものには興味ないでしょ?」 

リンス「……わかってるじゃない」 

不二子「欲しいのはお宝。そしてそれは、この糸にも使われているオリハルコン」 

ジェノス「これを?」 

不二子「これからダイヤモンドなんかよりも価値のある宝石に生まれ変わるわ。それはルパンの仕事だけどね」 

ジェノス(狙いはオリハルコンの加工技術か。No.Xの言っていた通りだな) 

リンス「……アンタは知っていたの? 驚いてないみたいだけど」 

ジェノス「想像していただけさ」 

リンス「そう」 

不二子「私もその仕事を手伝うから、オリハルコンを分けてってお願いしたのよ。それだけなの」 



131:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 18:55:36.79 ID:T+0e5G5Bo

リンス「だったら、どうしてトレインの銃を狙っているのよ」 

不二子「オリハルコンは希少金属よ。採掘場がまだ判明していない以上、再利用するべきだと思わない?」 

リンス「ハーディスを溶かして、別のものにしようってわけね」 

不二子「そういうこと」 

リンス「いいわ。今のところはそれで納得してあげる」 

不二子「それじゃ、こっちの話もいいかしら?」 

リンス「どうぞ」 

不二子「加工技術はこの施設内にあるの」 

リンス「私に盗んでこいって? ルパンに頼めばいいじゃない」 

不二子「ルパンは時の番人に狙われていて身動きが取れない。派手なことをするなんてもってのほか。だから泥棒請負人の貴女に頼むしかないの」 

リンス「……」 

ジェノス「ダメも何も時の番人が隣にいるのに――」 

リンス「いいわよ。面白そうじゃない」 

ジェノス「リンスちゃん!?」 

不二子「へぇ……」 



132:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:01:23.78 ID:T+0e5G5Bo

ジェノス「ちょ、ちょっと!! リンスちゃん、正気か!?」 

リンス「期日は?」 

不二子「できれば3日以内でお願い。無理なら10日間は待てるわ」 

リンス「2日もあれば十分よ」 

不二子「頼もしいわね」 

リンス「依頼料は1億イェンでどう?」 

不二子「そんなに払えないわよぉ」 

リンス「オリハルコンにはもっと良い値がつくでしょ? 良心的だと思うけど?」 

不二子「足元見ちゃって、はしたないわね」 

リンス「そうして生きてきたのよ。私はね」 

不二子「うふふ、小娘のくせに」 

リンス「若さに嫉妬ですか、おばさん?」 

不二子「ふふっ」 

リンス「ふふーん」 

ジェノス「こえぇ……」 



133:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:08:14.18 ID:T+0e5G5Bo

不二子「分かったわ。それで手を打ちましょう」 

リンス「商談成立ね。3日後の朝には良い報告ができると思うわ」 

不二子「期待してるわぁ。ところでこの糸、解いてくださらない?」 

ジェノス「ルパンの居場所はどこかまだ聞いてなくてね」 

不二子「ああ、そうだったわね。――ここよ」スッ 

ジェノス「……ここに行っても意味はなさそうだな」 

不二子「拷問してもいいけど、私からは何も聞き出せないわよ。今頃、知らない場所にいるだろうし」 

ジェノス「ちっ……」 

リンス「(気にすることないわ。加工技術のデータさえ手に入れば必ずルパンは目の前に現れるんだしね)」 

ジェノス「リンスちゃん、まさか……」 

不二子「よろしくね」 

リンス「任せて」 

ジェノス「リンスちゃんって、やっぱり最高のエンジェルだなぁ」 

リンス「アンタも協力するのよ」 

ジェノス「地獄の果てでもついていくぜ、リンスちゃんっ」 



134:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:22:22.97 ID:T+0e5G5Bo

―アジト― 

ルパン「たっだいまぁ」 

五ェ門「遅かったな」 

ルパン「いやぁ。道がこんでてよぉ」 

次元「頼むぜ、ルパン。バッくれたんじゃないかって五ェ門と相談してたところだ。子どもみてぇな性格だからな、お前は。五ェ門もそう思うだろ?」 

五ェ門「……」 

ルパン「ぬふふ。悪かったな。そろそろ計画を進めるとしようぜ」カチッ 

次元「そうだな」 

五ェ門「不二子から連絡が入り次第にはなるが、例の施設に潜り込み加工技術を盗み取る。これだけだな」 

ルパン「すっ……ぱぁー……。そうそう。ま、お前たちなら上手くやれるだろ?」 

次元「任せときな」 

ルパン「そうだ。これは次元が持ってな」 

次元「……いいのか?」 

ルパン「餞別だ。それにこれを持ってても俺には使いこなせないからよ。ま、全部終わったら返してもらうけどな」 

次元「分かった」チャカ 



135:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:30:05.58 ID:T+0e5G5Bo

―施設― 

「こ、困ります。IBIといえどもここは関係者以外は立ち入りできません」 

銭形「なにをぉ! 中を見せろといっているだけだぁ!! 何故、それができん!!!」 

「ですからぁ」 

スヴェン「まぁまぁ、もういいだろ」 

銭形「どいてろぉ。こやつを公務執行妨害で逮捕してやるぅ」 

スヴェン「公務じゃないだろ。掃除屋と一緒に行動しているんだから」 

イヴ(この人、本当に警官なのかな……) 

銭形「ぬぅ……。どこもかしも非協力的な。けしからん」 

スヴェン「クロノスの傘下なら、家宅捜索すらできないからな」 

銭形「くそぉ……」 

ピリリリ……ピリリリ…… 

スヴェン「ちょっと失礼。――俺だ」 

リンス『スヴェン。トゲトゲ頭はどうしたの? 連絡つかないんだけど』 

スヴェン「トレインなら……」 



136:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:38:44.57 ID:T+0e5G5Bo

リンス『行方不明ですって?』 

スヴェン「ああ。ルパンに攫われたみたいだ」 

リンス『あいつが? 信じられないけど』 

スヴェン「俺が嘘を言うと思ってるのか?」 

リンス『いいわ。今からいいことを教えてあげる』 

スヴェン「ルパンが関係してるのか?」 

リンス『関係しているどころか、ルパンの目的そのものよ』 

スヴェン「お前、どこでそれを……」 

リンス『フジコのことは探ってたのよ、ずっとね。結局は向こうからアプローチがあったけど』 

スヴェン「で、内容は?」 

リンス『いくら出す?』 

スヴェン「こんなときに……!!」 

リンス『冗談よ。無料でいいから』 

スヴェン「ったく」 

銭形「……」 



137:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:46:34.88 ID:T+0e5G5Bo

スヴェン「――間違いないんだな?」 

リンス『フジコの言葉を信じればだけどね』 

スヴェン「罠の可能性もあるのか」 

リンス『ありえるかも。ただ、無関係の場所ではないみたいよ。ジェノスにも確認を取らせたし。何かはあるわ』 

スヴェン「……いつやる?」 

リンス『今夜』 

スヴェン「おいおい、いいのか」 

リンス『トレインのことも気になるしね』 

スヴェン「へぇ。お前がトレインの心配をしてくれて――」 

ブツッ! 

スヴェン「……切れやがった」 

イヴ「どうしたの?」 

スヴェン「実はな」 

銭形「行くぞ。そこにルパンが来るというのならな」 

スヴェン「聞こえてたのか……? 耳がいいんだな」 



138:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 19:57:20.24 ID:T+0e5G5Bo

―夜― 

ルパン「星が見えた。月も見えた。お宝も丸見え」 

次元「嬉しそうだな」 

ルパン「そりゃぁもうね。ぬふふふ。時代が変わる瞬間に立ち会えるんだぜ。これ以上に興奮することってあるか?」

次元「俺にはさっぱりわからねえな」 

ルパン「そうか。それは人生を損してるな」 

次元「人生の楽しみかたなんて人それぞれだろ」 

ルパン「お前さんは自由気ままな渡り鳥か?」 

次元「野良猫だ。路地裏を歩いて、エサを求めるだけのな」 

ルパン「楽しいかぁ?」 

次元「最高だよ」 

ルパン「俺にはわかんねえなぁ。自由にやってるところは似てるのによ」 

次元「確かにな。でも、これでいいだろ。アンタと手を組むのは最初で最後にできるからな」 

ルパン「頼むぜ。黒猫さん」 

次元「――任せとけ」 



139:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:03:06.65 ID:T+0e5G5Bo

―施設― 

五ェ門「きぇぇい!!!」ザンッ!!! 

ルパン「はぁい。おじゃましまぁ――」 

ベルゼー「――待ちわびたぞ」 

ルパン「ありゃぁ!?」 

ベルゼー「ふんっ!!」ブンッ 

次元「とっ」ギィィン!! 

ベルゼー「なに……!?」 

ルパン「ナイス、次元」 

次元「早くいきな」 

ベルゼー「その装飾銃は……」 

次元「どうしてここに来るって分かってたんだ?」 

ベルゼー「お前に答える義理はない。その銃は同志が持っていた物だ。返してもらうぞ」 

次元「できねえな。これは俺の物だ」 

ベルゼー「その言葉は時の番人に対する侮辱だ。覚悟せよ、賊め」 



140:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:08:20.85 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「あの時と全く同じだな、五ェ門」 

五ェ門「ああ。しかし、状況は違う」 

ルパン「手筈は分かってるな?」 

五ェ門「無論だ」 

セフィリア「――はぁぁ!!!」ブンッ 

五ェ門「甘い!!」キィィン 

セフィリア「ルパン!! 逃がしません!!」 

五ェ門「戯言を」 

セフィリア「くっ……」 

五ェ門「さぁ、あのときの続きと参ろう」 

セフィリア「今度は本気でいきますよ?」 

五ェ門「今度は?」 

セフィリア「……はぁぁぁ!!」 

五ェ門「今の発言、聞き捨てならんな。剣士の風上にもおけん女だ」 

セフィリア「ふっ!」 



141:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:14:24.73 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「さぁて、ここにあるはずなんだよなぁ」カタカタ 

ルパン「暗証番号はぁ……」 

ルパン「……!?」バッ 

「上手く避けましたね」 

ルパン「……出てきたかぁ。お前とだけは会いたくなかったけどなぁ」 

シャオリー「褒め言葉として受け取っておきます」 

ルパン「ぬふふふ。最も警戒すべき男。いや、女か? もうどっちでもいいけどなぁ」 

シャオリー「僕の素顔はこれですよ。貴方と一緒にしないでください」 

ルパン「まーたまたぁ。そんなこと言って、騙そうとしても無駄だぜ」 

シャオリー「貴方ほど嘘をつくのは得意じゃないですから」 

ルパン「とっつぁんに張り付いてたらしいけど、もういいのか?」 

シャオリー「ええ。貴方を追跡するために少しだけ利用させてもらっただけですからね」 

ルパン「ぬふふふふ……。あーっはっはっはっはっは!!!!」 

シャオリー「……」 

ルパン「100年はえぇぜ、クソガキ。とっつぁんを利用するなんて、俺でもできねえのにお前にできるわけねえだろ?」 



142:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:42:17.17 ID:T+0e5G5Bo

シャオリー「でも、僕の考えたとおりに動いてくれましたよ」 

ルパン「ほぉ?」 

シャオリー「ただ、直接的に接触するのは怖いので、間接的な手段を講じましたけど」 

ルパン「峰不二子か」 

シャオリー「はい。彼女は優秀ですね」 

ルパン「いい女だろ? だから、絶対に信用はできねえのよ」 

シャオリー「分かります」 

ルパン「ぬふふ……」 

シャオリー「……一緒に来てもらいますね。セフィリアさんがご立腹なんですよ」 

ルパン「お前に対してかい?」 

シャオリー「さぁ、どうでしょうね」 

ルパン「――あばよっ!」ダッ 

シャオリー「……」シュッ 

ルパン「つっ!?」 

シャオリー「僕のセイレーンからどう逃げるつもりですか?」 



143:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:48:41.22 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「触れると斬れる危ない布だな」 

シャオリー「腕の一本ぐらいは、無くなっても問題ありませんね」 

ルパン「こえぇ。笑顔でそんなこというなよ」 

シャオリー「諦めてください」シュッ 

ルパン「――しかたねぇ」スッ 

ギィィン!! 

シャオリー「な……!?」 

ルパン「あー、もう少しあとにとっておくつもりだったんだけどなぁ」 

シャオリー「今の金属音は……」 

ルパン「てめえらに対して何も考えてねえわけがないだろ」 

シャオリー「まさか、盗んだ微量のオリハルコンを……」 

ルパン「危険ではあるが、あんだけでも腕に仕込めば盾に使える。かなりピンポイントだけどなぁ」 

シャオリー「器用な人ですね」 

ルパン「お互い様だ。――じゃあな!」ダダダッ 

シャオリー「なんて男だ。だけど……」 



144:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 20:54:19.84 ID:T+0e5G5Bo

五ェ門「ふんっ!!」 

セフィリア「はぁ!!!」ギィィィン!!! 

五ェ門「くぅ……!!」 

セフィリア「観念しなさい」 

五ェ門「……」 

セフィリア「才覚のある人ほど、人道を踏み外す。悲しいことです」 

五ェ門「貴様はそうでないというのか」 

セフィリア「私は生まれたときから、人として扱われたことなどありません」 

五ェ門「……拙者もだ。故に気遣いは不要」 

セフィリア「……っ」 

ルパン「――ごえもーん!!! にげるぜー!!!」 

五ェ門「ルパンか!」 

セフィリア「まさか!?」 

ルパン「行くぞ! ここにいちゃあ命がいくつあっても足りねえ!」 

五ェ門「承知!」 



145:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:07:19.80 ID:T+0e5G5Bo

次元「どうした? こいよ」 

ベルゼー「……その技能。見覚えがある」 

次元「気のせいだろ」 

ベルゼー「何をしている、トレイン=ハートネット。お前が……」 

次元「ジェノスから話を聞いたとき、おかしいとは思ってたんだ」 

ベルゼー「なに?」 

次元「泥棒がアンタとセフィリアから逃げ切れたのも、オリハルコンを狙っているのも、容疑者が時の番人っていうのも全部な」 

ベルゼー「……」 

次元「率直に訊くけど、これってどこまでが茶番なんだ?」 

ベルゼー「茶番だと?」 

次元「今回の一件、クロノスが仕組んだことだろ。俺のハーディスを回収すると同時に、ルパン三世とその一味を消すっていうな」 

ベルゼー「憶測だ」 

次元「俺はそれを確かめたいから、ルパンと行動してる。あんたたちは答えてくれそうにないし、ルパンと一緒にいれば黒幕だって顔を出すはずだからな」 

ベルゼー「クロノスと刃を交えることになってもか」 

次元「関係ないね。俺はもう飼い猫じゃない。野良猫だ。気に入らない奴には牙を剥く」 



146:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:13:50.39 ID:T+0e5G5Bo

ベルゼー「残念だ」 

次元「俺もだよ」 

ベルゼー「――受けよ、我が槍。グングニル!!」ゴォォッ!!! 

次元(これはちょっと受けきれ――) 

ドォン!!! 

ベルゼー「ぬっ……!?」 

次元「へっ……」 

スヴェン「そこまでだ!! 大人しくしろ!!」 

銭形「ルパーン!!! どこだぁー!!!」 

イヴ「あの人は……トレインの上司……」 

ベルゼー「バカな……。何故、あの三人がここに……」 

ルパン「――次元!! 逃げるぜ!! はしれぇー!!!」 

次元「はいよぉ!!」 

五ェ門「いそぐぞ!!」 

銭形「逃がさんぞぉ!!! ルパァーン!!!」 



147:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:19:21.04 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「えーと……」 

次元「ルパン、こっちだ!!」 

ルパン「ああ!! わりぃな。よっと」 

五ェ門「早く出せ」 

ルパン「そういうなって。丁寧に扱ってやんねえとなぁ」 

銭形「スヴェン!! 早く車を!!」 

スヴェン「分かってる!」 

ベルゼー「待て!」 

銭形「なんだ貴様はぁ」 

セフィリア「何故、貴方たちがここに?」 

銭形「何か都合でも悪いかね、セフィリア=アークス」 

セフィリア「……!」 

スヴェン「あんたたちと話している暇はねえ。イヴ! シートベルト!!」 

イヴ「うんっ」カチッ 

スヴェン「飛ばすぞ!!」 



148:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:35:18.24 ID:T+0e5G5Bo

ベルゼー「ヘリを呼ぶ。屋上に向かうぞ」 

セフィリア「……」 

ベルゼー「どうした?」 

セフィリア「やはり内通者はNo.X、リン=シャオリーですか」 

ベルゼー「いや。奴がこんなことを企てるとは思えん。危険人物であるルパンの排除は別にしても、ハーディスの回収まで同時に行う動機がない」 

ベルゼー「……命令でもない限りはな」 

セフィリア「ハーディスはルパンに対する撒き餌だったのですね」 

ベルゼー「クロノスの情報網を持ってしてもルパンの情報は手に入らなかったからな」 

セフィリア「ですが、見事に釣れたといえるでしょうか」 

ベルゼー「急ぐぞ。銭形という男に先を越されては厄介だ。素直に身柄を引き渡すとは思えん」 

セフィリア(最初から疑うべきだった。ルパンが本部に潜入してくるという情報はどこから得たのか。No.Xですら情報の入手は困難を極めるというルパンの情報なのに) 

セフィリア(クロノスがルパンを呼んだと考えればよかっただけのはずなのに……) 

ベルゼー「何を考えている。ルパンの排除は最優先だ」 

セフィリア「しかし、結果的にハートネットを巻き込んでしまった。彼はもう後に引けないところまで踏み込んでいるのではないですか」 

ベルゼー「奴が選んだことだ。真実を知るためにな」 



149:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:42:15.97 ID:T+0e5G5Bo

―施設内― 

リンス「なによ、これ……」 

ジェノス「何かあったみたいでござんすねぇ」 

リンス「もしかしてルパンが……?」 

ルパン「だーいせかい」 

リンス「誰!?」 

ルパン「リンスレット=ウォーカー。初めまして。俺様がルパン三世だ」 

ジェノス「いい度胸してるなぁ、アンタ」 

ルパン「リンスレット。その扉は開けておいた。データを抜き出しておいてくれ」 

リンス「あんたはどうするの?」 

ルパン「俺は最後の大仕事に向かわせてもらうぜ」 

ジェノス「大仕事?」 

ルパン「ああ。歴史が変わるぜぇ。にゅふふふふ」 

ジェノス「俺が行かせると思ってるのか? おたくの排除は最優先事項なんだよなぁ、これが」 

ルパン「いいぜ。こっちはリンスレットを人質にするだけだ」チャカ 



150:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:48:25.80 ID:T+0e5G5Bo

―道路― 

ルパン「どこまでドライブしようかしらぁ」 

次元「こうなったら、切り札を使うしかねえぜ」 

五ェ門「ならば、ルタの動物園か」 

次元「そこしかねえ」 

ルパン「動物園か」 

次元「たくっ。バカ騒ぎもこれで最後にしてくれよな。こっちの身がもたねえよ。なぁ、五ェ門?」 

五ェ門「……」 

ルパン「よぉし、舌をかむなよぉ」 

次元「お。来たみたいだぜ」 

五ェ門「銭形か」 


銭形「ルパァーン!!! どこまでもおってやるぞぉー!!! スヴェン!!! もっととばせぇ!!!」 

スヴェン「これが限界だ!!」 

銭形「気合がたらぁーん!!!!」 

イヴ(うるさい……) 



151:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:54:05.53 ID:T+0e5G5Bo

―動物園 入り口― 

ルパン「はい、到着ぅ」 

次元「よし、降りろ」 

ルパン「なぁにいってんのぉ。このまま突っ込もうぜ」 

五ェ門「降りろ」 

ルパン「……なんだよ、怖い顔してぇ」 

次元「禁煙でも始めたのか、ルパン?」 

ルパン「なに……?」 

五ェ門「変装の達人であるリン=シャオリーに対抗するため、合言葉を決めたはずだ」 

ルパン「合言葉……?」 

次元「俺かお前がタバコって言えば、もう一方がタバコを吸う。五ェ門はその間何を訊かれても黙っている。忘れたのか?」 

ルパン「どこでいったんだよ」 

次元「頭文字で伝えただろ?」 

ルパン「随分と面倒な合言葉を……」 

次元「見逃すなら何もしないぜ? どうする?」 



152:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 21:59:36.90 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「見逃す……?」シュルル 

シャオリー「――そういうわけには行きませんよ。ルパンとその一味の排除は僕の使命ですから」 

五ェ門「奇怪な布を持っているようだな」 

次元「セイレーンだ。切れ味は本物だから、気をつけろ」 

五ェ門「あい、分かった」 

シャオリー「貴方は……」 

次元「なんだよ?」 

シャオリー「遂に飼い主に牙を剥きましたか」 

次元「バァーカ」バッ 

トレイン「――俺に飼い主なんていねえよ」 

五ェ門「黒猫。時間を稼いでくれ」 

トレイン「それはいいけど、ここにどんな切り札があるんだ?」 

五ェ門「切り札は教えられん。そう伝えたはずだ」 

トレイン「ルタの動物園って言えば、まさかな……」 

シャオリー「まさか貴方がテロリストになってしまうとは、残念でなりません」 



153:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:08:29.55 ID:T+0e5G5Bo

トレイン「そういうなよ。俺だって不本意だ。だけどな……」チャカ 

シャオリー「……」 

トレイン「俺の背負うべき過去を奪うなんて、絶対に許せねえよ」 

シャオリー「その銃が過去ですか。貴方らしいですね」 

トレイン「けっ。俺のことなんて何も知らないくせに」 

銭形「どこだぁ!!! ルパァン!!!」 

スヴェン「トレイン!! 無事か!!!」 

トレイン「問題ねえよ」 

シャオリー「邪魔が入る前に――」 

トレイン「おっと」ドォン!! 

シャオリー「……っ」キィン 

トレイン「銭形のおっさん、五ェ門はこの先に行ったぜ」 

銭形「ふんっ」 

トレイン「さぁ、やろうぜ。リン=シャオリー」 

イヴ(この動物園……フローラがいるんじゃ……) 



154:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:14:17.65 ID:T+0e5G5Bo

スヴェン「トレインの大馬鹿野郎。完全にクロノスに喧嘩売りやがったな」 

イヴ「……スヴェン、きたみたい」 

スヴェン「なに……?」 

セフィリア「――トレイン=ハートネット。貴方を排除することになりました」 

トレイン「隊長」 

ベルゼー「反乱分子として始末する」 

トレイン「時の番人が3人か。相手にとって不足はねえな」 

スヴェン「馬鹿なこといってんじゃねえ!! トレイン!! 逃げるぞ!!」 

トレイン「スヴェン、姫っち。アジトに戻ってくれ」 

イヴ「え……」 

トレイン「これは俺の問題だ。2人を巻き込むつもりはねえよ。掃除屋の仕事でもなんでもないしな」 

スヴェン「やっぱり、そんなこと考えてたのか」 

トレイン「絶対に手を出すな。いいですよね、隊長?」 

セフィリア「……我々に刃を向けない限りは」 

トレイン「サンキュ。助かるぜ」 



155:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:22:28.18 ID:T+0e5G5Bo

シャオリー「では……」スルッ 

ベルゼー「……」グッ 

セフィリア「ハートネット。申し訳ありません」 

トレイン「謝らないでいいっすよ。こっちも本気でやるんで」 

セフィリア「……」シャキン 

トレイン「最後にいいっすか?」チャカ 

セフィリア「なんでしょう?」 

トレイン「ルパンを利用して、俺から銃を奪おうとしたのはクロノスってことでいいっすよね?」 

セフィリア「……いえ、そんなことはありません。全てルパンの画策です」 

トレイン「…………」 

セフィリア「…………」 

トレイン「……わかった。なら、届けないとな。クロノスにも不吉をさ」 

セフィリア「第一級犯罪者トレイン=ハートネットを捕らえます」 

ベルゼー「了解」 

「まぁまぁ、まてよぉ。まだパーティーをするには客が少ないだろう?」 



156:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:31:45.44 ID:T+0e5G5Bo

ベルゼー「なに……?」 

シャオリー「来たのですね」 

ルパン「主役を差し置いてなぁに楽しいことしてんだかぁ。ずっりぃなぁ」 

スヴェン「ルパンか……!?」 

トレイン「悪いな。遅刻は厳禁だ」 

ルパン「ぬふふふ。そいつはすまねぇ。でも、強制参加させてもらうからな」 

セフィリア「逃げられたはずなのにわざわざ顔を出すとは、愚かな人ですね」 

ルパン「これを見せびらかしたくてなぁ」 

ベルゼー「それは……」 

ルパン「ぬふふふ。お察しの通り、オリハルコンの加工技術データだ」 

セフィリア「……なるほど。逃げ出したと思わせておいてまだ施設内にいたのですか」 

シャオリー「僕の失態ですね。申し訳ありません」 

ルパン「あり? もう少し動揺してくれてもいいんでないの?」 

ベルゼー「動揺するはずがない。ここで取り返せばいいだけなのだからな」 

ルパン「できるかなぁ。ぬふふふ……。ほーら、聞こえてこないか? おぞましい雄たけびがよ」 



157:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:36:11.05 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「……来る!」 

スヴェン「来るって、何が――」 

銭形「おぉぉぉぉおおお!!!!!」 

スヴェン「なんだ……」 

フローラ「ガァアアアアアアアアア!!!!!!!!!」 

スヴェン「がっ……!?」 

イヴ「フローラ!!」 

トレイン「ルパン、これが切り札なのか!?」 

ルパン「いいだろう? 怪物の相手はやっぱり怪物にさせなきゃなぁ。さぁて、こっちにきなぁ、フローラちゃん」ピッ 

フローラ「ガァアア……!?」バチッ 

イヴ「何をしているの!?」 

ルパン「爬虫類は言うことをきかねえからなぁ。こうして微弱電流を流して操ってやんねえと」 

セフィリア「……甘くみられたものですね」 

ルパン「なに?」 

ベルゼー「恐竜ごときに恐れをなすとでも思っているのか」 



158:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:40:15.81 ID:T+0e5G5Bo

シャオリー「すぐに済みます」 

ベルゼー「一突きで終わる。セフィリアはトレイン=ハートネットを」 

セフィリア「分かりました」 

トレイン「待て!!」 

フローラ「ガァァアアアアアア!!!!!」 

ルパン「マジで? ビビんないのぉ?」 

銭形「ルパン!! こんなものを用意していたのか!!!」 

ルパン「どいつもこいつも恐竜でビビらないってどんな生活してんだよぉ」 

イヴ「……っ」 

トレイン「イヴ! 手を出すな――」 

セフィリア「ハートネット!!」ブンッ 

トレイン「つっ!! どいてくれ!!」ギィィン 

ベルゼー「行くぞ」 

ルパン「あわわわわ。切り札がぁ」 

フローラ「ガァアアアアアア!!!!!!」 



159:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:44:58.77 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「――トランス!! ランス!!」 

ベルゼー「……!」 

イヴ「やぁあ!!!」ギィィン!!! 

ベルゼー「君は……!!」 

イヴ「この子に罪はありません!」 

トレイン「イヴ……」 

シャオリー「反乱分子が増えたようですね」 

ベルゼー「……そうだな」 

トレイン「くそ!!」ドォン!!! 

セフィリア「無駄です!!」キィン 

ベルゼー「覚悟はいいか?」 

イヴ「うっ……」 

スヴェン「イヴ!! 今、加勢に!!」 

銭形「スヴェン!! 間違えるなぁ!! お前の仕事はルパン確保にあるはずだ!!」グイッ 

スヴェン「離せ!! 今はルパンなんざどうでもいいんだよ!!!」 



160:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 22:56:38.13 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「ぬふふふふ……」 

トレイン「ルパン、まさか……お前……」 

ルパン「言っただろう? 怪物の相手は怪物にさせるってなぁ。フローラちゃんを生け捕りにしたお前たちが、見殺しにするわけねえもんなぁ」 

トレイン「……!」 

ルパン「黒猫。手助け、ありがとなぁ。これで時の番人も無事では済まねえだろ。ベストは全滅なんだけどなぁ」 

トレイン「セフィリア!!」 

セフィリア「私にとって貴方もルパンも同じ敵です」 

トレイン「……そうかよ」 

ベルゼー「我々を阻む者には、鉄槌を下す」 

フローラ「ガァアアアアアア!!!!!」 

ルパン(これで時の番人が1人でも減れば、後の仕事も楽になるってもんだぜ) 

ルパン(さぁて、あとのことは次元に任せて、俺は退散といきますか) 

スヴェン「――待ちな」 

ルパン「……なんだぁ? 姫様は放っておくのか?」 

スヴェン「俺の仕事はお前を捕まえることだ」 



161:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:01:15.44 ID:T+0e5G5Bo

ベルゼー「終わりだ」 

イヴ「……!?」 

ベルゼー「ふんっ!!!」ブゥン!! 

銭形「――この国では槍を振りますことは合法なのか?」ガシッ 

ベルゼー「な……」 

シャオリー「……!」バッ 

銭形「うごくなぁ」ドォン!! 

シャオリー「くっ」キィン 

銭形「で、どうなんだ?」 

ベルゼー「……」 

ベルゼー(槍が動かん……) 

銭形「聞こえんのか?」 

イヴ「あ……」 

ルパン「とっつぁんが姫様を助けたのかよ。これは予想外だな」 

スヴェン「すげぇ……。なんだ、あいつ、あんなに強かったのか……?」 



162:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:06:43.49 ID:T+0e5G5Bo

フローラ「ガァァァアアアアア!!!!」 

銭形「やかましい!!! イヴ、お前がそのトカゲを止めろ!!!」 

イヴ「わ、私が!?」 

銭形「お前ならできる。お前とそのトカゲは同じだろ」 

イヴ「……はい」 

フローラ「ガァアアアアア!!!!」 

イヴ「落ち着いて……フローラ……」 

フローラ「ガァアアアアアア!!!!」 

ルパン「これ以上、余計なことされてたまるかってのぉ」ピッ 

フローラ「ガァ……!?」バチッ 

スヴェン「てめぇ!! やめろ!!」 

ルパン「あらよっと」 

スヴェン「遅いぜ」ガシッ 

ルパン「……!?」 

スヴェン「何を驚いてる? 俺の眼が珍しいか?」 



163:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:12:18.90 ID:T+0e5G5Bo

ルパン「ちっ……」 

スヴェン「銭形、ルパンは確保した!」 

銭形「お手柄だぁ」 

ルパン「――よっ」 

スヴェン「無駄だ」グイッ 

ルパン「なぁ……!?」 

スヴェン「一度、こうなったら俺の支配から逃れる術はねえぞ」 

ルパン「なるほどぉ……」 

フローラ「ガァアアアアア!!!!」 

イヴ「フローラ!!」 

イヴ(そうだ。トレインと同じ方法で……足を狙えば……) 

イヴ「――トランス!! ハンマー!!!」 

イヴ「ちょっと痛いだろうけど、我慢してね」 

イヴ「やっ!!!」ドンッ!!!! 

フローラ「ガァァアアア!!!!!」 



164:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:18:20.16 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「はぁ……はぁ……」 

フローラ「ガァァ……」ズゥゥン 

銭形「ふんっ。上手くやるものだ」 

ベルゼー「……放してもらおうか」 

銭形「振り払えばよかろう」 

シャオリー「そうさせてもらいます」バッ 

銭形「ぬっ!?」 

ベルゼー「……」 

銭形「おかしな布だな……」 

トレイン(ルパンも捕まったし、あとは――) 

セフィリア「ハートネット。抵抗は無意味です」 

トレイン「さぁ、どうすっかね」 

ルパン「……」 

スヴェン(この男、まだどこか余裕があるな……。まだ何か仕掛けが――) 

ルパン「……今だ」 



165:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:22:02.67 ID:T+0e5G5Bo

―ビル 屋上― 

不二子「……すごぉい。あの子、恐竜とめちゃったの?」 

次元「みたいだな。なんてガキだ。末恐ろしいぜ」 

不二子「見込みあるわね」 

次元「……」 

不二子「やれそう?」 

次元「いけるだろうな」 

不二子「傷の影響はないの?」 

次元「問題ねえよ」 

不二子「そう。やっぱり、私って何をさせても要領がいいのね」 

次元「言ってろ」 

『今だ』 

不二子「合図よ」 

次元「まずは……」 

次元「――こいつからだ」グッ 



167:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:27:51.42 ID:T+0e5G5Bo

セフィリア「え……?」 

ベルゼー「……!」 

シャオリー「ぐっ……ぁ……!?」 

トレイン「狙撃か……」 

セフィリア(どこから。私たちの意識外から狙撃できるなんて……) 

イヴ「な……あ……」 

スヴェン「お前か!?」 

ルパン「俺じゃねえ。相棒だ」 

銭形「次元か」 

ルパン「ぬふふふ」 

スヴェン「すぐにやめさせろ!!」 

ルパン「無茶言うな。俺たちの本当の目的は、時の番人の抹殺なんだからよ」 

トレイン「……」 

スヴェン「抹殺だと……?」 

ルパン「正確に言えば、クロノスをぶっ潰すためだ。俺たちを利用しようとした報いだな。ぬふふふふ……はははは……はーっはっはっはっは!!!」 



170:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:34:08.47 ID:T+0e5G5Bo

スヴェン「こっちにも狂ってる奴がいたのか……」 

ルパン「次は誰だろうなぁ」 

ベルゼー「セフィリア!!!」バッ 

セフィリア「……!?」 

銭形「ぐぁああ!!!」 

セフィリア「なっ……」 

ルパン「おら、おら、余所見すんなよぉ」 

セフィリア「はっ……ぁ……!?」 

ベルゼー「しまった!!」 

トレイン「……ルパン」 

ルパン「手伝ってやってんだろ、黒猫」 

トレイン「俺がお前と手を組んだのは……」 

ルパン「わーってるよ。黒幕に不吉を届けるためだろ?」 

トレイン「だったら……」 

ルパン「見てみろよ。届いてるだろ。クロノスの連中に不吉がな」 



171:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:40:21.89 ID:T+0e5G5Bo

イヴ「みんなが……撃たれて……。守らなきゃ……!!」ダダッ 

スヴェン「イヴ!! 動くな!!」 

ルパン「もう遅い」 

イヴ「――がぁっ!?」 

スヴェン「イヴ!!!」 

ルパン「あららぁ。余計なことすっからぁ」 

スヴェン「てめぇ!!!」ドゴォ!!! 

ルパン「ぐっ……。殴ったな?」 

スヴェン「……!!」 

ドォン!!! 

スヴェン「お……」 

ルパン(なに……? 空中で弾丸を撃ち落したのか……?) 

トレイン「――今ので狙撃手の位置は掴んだ」チャカ 

セフィリア「ハート……ネット……」 

トレイン「……勝負の続きだ。次元大介」 



172:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/21(火) 23:45:48.32 ID:T+0e5G5Bo

次元「野郎……」 

不二子「どうしたの?」 

次元「黒猫がこっちを見てやがる」 

不二子「な、なにを言ってるのよ。ここからどれだけの距離があると思って――」 

次元「黙ってな」 

不二子「……!」 

次元「見えているはずがねえ。だが、奴はあそこから撃つ気だ……」 



トレイン「……」 

ルパン「無茶だな。拳銃でどうにかなる距離じゃねえよ」 

トレイン「次はお前の番だ、ルパン」 

ルパン「なに?」 

トレイン「不吉が届く番だって言ったんだよ」 

ルパン「……ぬふふふ。こえぇじゃねえの」 

トレイン「撃って来い。次元」 



174:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:00:16.87 ID:R+i983Izo

次元『久々だな。こんなに胸が高鳴るのはよ……』 

トレイン『俺が間違ってたな。ルパンたちは一筋縄でいくような連中じゃなかった』 

次元『銃口がこっちを向いてやがる……』 

トレイン『後できちんとスヴェンと姫っちに怒られるしかねぇな』 

次元『やれるものならやってみろ。その距離じゃ、どうしたって当たねえんだ』 

トレイン『もう少し、上か。風は読むことができない。やっぱり不可能か?』 

次元『上空は風もある。地上からじゃ計算のしようもない。精密射撃なんざ不可能だ』 

トレイン『いや、不可能じゃねえさ』 

次元『いや、不可能じゃない』 

トレイン『奴に届けるのは銃弾じゃなく、不吉なんだからな』 

次元『黒猫、てめえは本当に最高のガンマンだぜ』 

トレイン『受け取れ、不吉をな』 

次元『きやがれ、黒猫』 


――ドォン!!! 



175:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:06:54.13 ID:R+i983Izo

トレイン「がっ……!!!」 

イヴ「トレイン!!」 

スヴェン「トレイン!!!」 

銭形「スヴェン!! ルパンから目を離すな!!!」 

スヴェン「ちぃ……!!」 

ルパン「――ふぃー。あっぶねぇ。俺たちの認識が甘かったぜ」 

セフィリア「ま、まちなさい……」 

ベルゼー「動くな、セフィリア」 

ルパン「五ェ門」 

五ェ門「――ここにいる」 

銭形「ぐっ……不覚だ……」 

ルパン「切り札は最後まで取っておくもんだからな。使わずに済んでよかったよかった」 

五ェ門「参るぞ。次元が負傷したようだ」 

ルパン「ああ、そいつはやべぇなぁ。――黒猫。最高のナイトショーだったぜ。クロノスにも一矢報いたし、今日はこの辺でさよならだ」 

トレイン「ぐっ……ぅ……」 



179:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:17:38.37 ID:R+i983Izo

シャオリー「まさか……。あんな規格外な技術を持っていたとは……」 

セフィリア「はぁ……はぁ……」 

スヴェン「トレイン、大丈夫か?」 

トレイン「ひ、姫っちは?」 

イヴ「私は大丈夫。体を鉄に変えたから」 

トレイン「やるなぁ……ははっ……」 

銭形「血がとまらんなぁ……!!」 

ベルゼー「使え、止血剤だ」 

銭形「いいのか? ワシもクロノスのブラックリストに載ったはずだが」 

ベルゼー「……構わん」 

銭形「そうか。では遠慮なく使わせてもらうか」 

トレイン「あぁ……いてぇ……」 

スヴェン「動くな。今、応急処置をしてやる。掠り傷で済んでよかったな」 

トレイン「あったりまえだろ。向こうがあれだけ長く構えてくれてたら弾道だって予測できるぜ」 

スヴェン「ったく、器用な野郎だな。今更だが」 



180:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:25:04.61 ID:R+i983Izo

セフィリア「ハートネット……」 

トレイン「隊長、俺たち全員処刑っすか?」 

セフィリア「そうですね……」 

イヴ「私たちは何も間違ったことはしてません」 

スヴェン「抵抗はさせてもらうぜ」 

シャオリー「……いえ。こちらも戦闘ができるだけの元気はありませんよ」 

トレイン「お前はまともに撃たれたもんな」 

シャオリー「全くです」 

トレイン「隊長、さっきの言葉、信じていいんすね?」 

セフィリア「……ええ」 

トレイン「それじゃ、よろしくっ」 

スヴェン「さっきの言葉ってなんだ?」 

トレイン「ん? ああ。セフィリアが黒幕と話をつけてくれるってさ」 

スヴェン「黒幕?」 

トレイン「ルパンにオリハルコン加工技術の存在を洩らした張本人だ」 



181:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:37:48.87 ID:R+i983Izo

銭形「……よし。血は止まったか。ルパンを追わねばな」 

スヴェン「おいおい。血は止まったって、傷口はどうするんだ?」 

銭形「そのうちに治る」 

イヴ「そんなわけ……」 

銭形「スヴェン=ボルフィード、イヴ。協力してくれたこと感謝する」 

スヴェン「結局、取り逃がしちまったけどな」 

銭形「結果はそうだが、お前たちはよくやってくれた。スヴェンがいなければ、ワシがイヴに助太刀することもできなかったからな」 

イヴ「あ、あのときは、ありがとうございました」 

銭形「勘違いするな」 

イヴ「え?」 

銭形「スヴェンが居なければ、ワシはお前を見殺しにしてでもルパンを確保した。礼を言うのなら、スヴェンにだ」 

トレイン「変な理屈だな」 

銭形「事実だ。ではな、スヴェン。もう会うこともないだろう」 

スヴェン「ああ」 

銭形「ルパーン!!! どこだぁー!!!」 



182:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:43:07.62 ID:R+i983Izo

フローラ「グルルルル……!!」 

イヴ「そうだ、フローラはどうしよう……」 

スヴェン「警察がもうすぐくるだろう。そいつらに任せるべきだ」 

トレイン「姫っち、かっこよかったぜ?」 

イヴ「でも、私はトレインの真似をしただけで……」 

トレイン「それでもだ」 

スヴェン「……とりあえず立て」 

トレイン「いてて。もっと優しくしてくれよな」 

スヴェン「てめぇが1人で勝手なことするからだろうが」 

トレイン「だってよ、2人がクロノスに狙われたら――」 

スヴェン「馬鹿野郎」 

イヴ「うん。ばかやろー」 

トレイン「な、なんだよ!? 姫っちまで!?」 

イヴ「仲間なんだから、頼ってよ。それともトレインから見たら、私たちは頼りないの?」 

トレイン「そういうわけじゃ……」 



183:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:48:17.41 ID:R+i983Izo

スヴェン「早く帰るぞ。ホットミルクは完全に冷めてるからな」 

トレイン「……悪かった」 

スヴェン「謝らなくていい。お前が次元に化けたときに全部察してた。イヴもな」 

トレイン「さっすが、相棒っ」 

スヴェン「調子にのるな」ゴスッ 

トレイン「ぎっ……!! そこ、モロ傷口だろ……!!」 

イヴ「ふふっ」 

スヴェン「それにお前がとんでもねえ芸を見せ付けてくれたおかげで、得るものもあった」 

トレイン「なんだ?」 

スヴェン「発信機だ」 

トレイン「もしかして……」 

スヴェン「ルパンの賞金を手に入れれば、借金はキャッシュで一括払いだぜ」 

イヴ「今から追える?」 

スヴェン「いや、とりあえずトレインの回復を――」 

トレイン「いや、追うぞ。もたもたしてると逃げられる」 



184:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 00:56:28.37 ID:R+i983Izo

―街― 

次元「やってくれるぜ、黒猫。あいつに敵うガンマンはこの世にはいねえな」 

ルパン「ぬふふふ。よかったじゃないの。帽子が吹き飛んだだけですんでよ」 

次元「ふんっ」 

五ェ門「やはり、相手が悪かったな」 

ルパン「確かになぁ。でも、今世紀最大のワクワクだっただろ?」 

不二子「でも、運がよかったわね。黒猫さんが次元に化けたとき、気づけなかったんでしょ?」 

ルパン「確信したのは合言葉でだけどな、最初から気づいてはいたのよ」 

不二子「そうなの?」 

ルパン「黒猫に次元が勝てるわけねぇもの。ぬふふふふ」 

次元「てめぇ……」 

ルパン「敵を信頼するって大事なことだ。特に利用するって決めたときはな」 

五ェ門「……ならば、向こうから来る客人もお前の計算のうちか?」 

ルパン「当然だろ?」 

リンス「――ここにいたのね」 



185:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:05:52.13 ID:R+i983Izo

ルパン「よっ。リンスレットちゃん」 

リンス「一応、加工技術データは盗めたわ」 

ルパン「そいつは重畳」 

リンス「で、どうするの?」 

ルパン「やるよ」 

リンス「え?」 

ルパン「クロノスの連中に俺様の怖さを思い知らせてやりたかっただけだからなぁ。黒猫にはいったことだが、それを盗んでもどうこうするつもりはねえよ」 

リンス「子どもなの、あんた?」 

ルパン「リンスレット、アンタも利用させれるのなんて嫌だろう?」 

リンス「変わってるわね。財宝すらも相手の目を欺くためなら切り捨てるの?」 

ルパン「ああ、そうだ。俺が欲しいのは、楽しい時間だけだからなぁ」 

リンス「ふぅん……」 

ルパン「んじゃな。同業者ならまたどこかのお宝の前で出くわすかもな」 

リンス「そのときを楽しみにしてるわ」 

ルパン「またなぁー。そっちのカレシにもよろしく」 



186:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:11:40.28 ID:R+i983Izo

ジェノス「――隙がなかったなぁ」 

リンス「……これ、どうする?」 

ジェノス「勿論、こっちで預からせてもらうよ」 

リンス「どうぞ。クロノスなんかに狙われたくなんてないもの」 

ジェノス「どうも」 

リンス「本当によかったの? 見逃したりして」 

ジェノス「セフィ姐が深追いはしないようにって言うから、仕方ないさ」 

リンス「そんなにヤバい奴には見えなかったけど」 

ジェノス「あれ……」 

リンス「どうしたの?」 

ジェノス「いや、このディスク、こんな色だったっけ?」 

リンス「……」 

ジェノス「……リンスちゃん」 

リンス「まさか。だって、ルパンの前には出さなかったのに……」 

ジェノス「やられたか……。やっぱり、オリハルコンが目当てだったんだじゃねえか、あの野郎!」 



187:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:17:47.95 ID:R+i983Izo

ルパン「なはははははははは!!!!!」 

不二子「んーっ。これよこれー!!」 

次元「オリハルコンの加工技術か。しかし、これ機材を集めるのも大変だな」 

ルパン「んなもん、ちょろまかせばいいだけよ」 

次元「ハッハー。それもそうだな」 

ルパン「最高のお宝が手に入ったな。クロノスの連中もこれからは毎晩ベッドの中でガクガクブルブルするんだろうなぁ。なはははははは!!!」 

五ェ門「……笑うのもそこまでのようだ」 

ルパン「黒猫か」 

トレイン「よぉ。まだ届いてないみたいだからな、届けに来たぜ。不吉をよ」 

スヴェン「お前たちの賞金、いただくぜ」 

イヴ「オリハルコンを悪いことに使わないで」 

ルパン「ぬふふふふ。こりゃぁ、参ったなぁ」 

不二子「じゃ、こっちから」 

リンス「――逃げ場はないわよ」 

不二子「あら、つけてきたの?」 



188:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:24:09.38 ID:R+i983Izo

トレイン「よー。リンス。お前も追ってきたのか」 

リンス「こっちにも面子ってものがあるのよ」 

スヴェン「泥棒に面子もなにもねえだろ」 

次元「おいおい、ルパン。背中にゴミがついてるぜ」 

ルパン「ありゃ、ホントぉ?」 

五ェ門「このディクスにも発信機がついているな」 

ルパン「やれやれ。あんたらストーカーの気質でもあるんでない?」 

リンス「念のための備えよ」 

トレイン「だっせー!! 盗まれてやんのー!!」 

リンス「うるさいわね!!」 

ジェノス「そうだそうだ! リンスちゃんを馬鹿にするな!」 

ルパン「あーあ、揃っちまったな」 

次元「ゲームオーバーってか」 

ルパン「なっはっはっは」 

トレイン「随分と余裕だな、おい」 



189:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:29:25.97 ID:R+i983Izo

ルパン「悪いが、黒猫の相手はまた今度だ。これからもっと厄介な奴がここにくるからな」 

トレイン「……ルパン」 

ルパン「なんだぁ?」 

トレイン「その首、絶対に誰にもくれてやるなよ」 

ルパン「任せとけよ。首は綺麗にしとくぜ」 

トレイン「そうか」 

ルパン「ぬふふふ」 

ジェノス「何甘っちょろいこといってんだぁ!!」シュルル 

リンス「ジェノス!! 切り刻んで!!」 

ルパン「次に会うときまで、その銃は無くすなよ?」 

トレイン「てめぇ以外に盗める奴はいねえさ」 

ルパン「あーっはっはっはっは!!!」カチッ 

スヴェン「イヴ!! 伏せろ!!!」 

イヴ「きゃっ!?」 

――ドォォォォォン!!!! 



190:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:33:45.27 ID:R+i983Izo

銭形「――ルパン!!! ここかぁ!!!」 

トレイン「おっさん、久しぶりだな」 

銭形「お前ら……」 

リンス「くそぉ!! ぬすまれたぁぁ!!!」 

ジェノス「セフィ姐に怒られるなぁ、これ……」 

銭形「ルパンはどこにいった!?」 

トレイン「分かるわけないだろ」 

銭形「それもそうだな。うーむ……。――こっちか!!!」ダダダッ 

スヴェン「時の番人と互角にやり合う男にずっと追われたら、そりゃ逃げ足は一流にもなるか」 

トレイン「そうだな」 

リンス「今度あったら、絶対にルパンのお宝を奪ってやるんだからぁ!!!」 

イヴ「けほっ……けほっ……」 

「ぬふふ……」 

イヴ「……いた」 

「バレた!?」 



191:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:43:57.06 ID:R+i983Izo

―クロノス本部― 

ウィルザーク『取り逃がしただと?』 

セフィリア「申し訳ありません」 

ウィルザーク『オリハルコンの加工技術まで流失か。世界の安寧が崩れ去ったな』 

セフィリア「……お言葉ですが、その安寧を自ら放棄されたのはクロノスではないのですか?」 

ウィルザーク『口を慎め』 

セフィリア「ルパン三世を利用したハーディスの回収とルパン三世抹殺を同時に行おうとしたのが間違いだったのです」 

ウィルザーク『何の話だ』 

セフィリア「……」 

ベルゼー「あまり不信感を抱かせないほうが賢明かと」 

ウィルザーク『お前まで……』 

セフィリア「今後、同じような事態があった場合、我々にも考えがあります」 

シャオリー「……ルパン三世が世界を混乱に陥れる人物なのはわかりますが、もう少し私たちを信頼していただきたい。セフィリアさんはそう考えているようですよ」 

ウィルザーク『その態度、いつか後悔することになるぞ、セフィリアよ』 

セフィリア「覚悟の上です」 



192:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 01:55:36.81 ID:R+i983Izo

セフィリア「――疲れてしまいました」 

ベルゼー「傷も癒えぬうちに謁見などするからだ」 

セフィリア「反省しましょう」 

シャオリー「それでは僕もこのへんで。次の任務がありますから」 

ベルゼー「お前か?」 

シャオリー「何がですか?」 

セフィリア「峰不二子に私たち、ルパン、そしてハートネットの動きを教えていたのは」 

シャオリー「峰不二子から得られる情報が一番新鮮でしたからね。それに……」 

セフィリア「それに?」 

シャオリー「彼女にああした行動を取らせなかったら、きっとNo.XIIIは迷い無くクロノスに向かってきていたでしょう。あの人はそういう人ですから」 

ベルゼー「お前は……」 

シャオリー「ルパンがクッションになってくれないと、流石にセフィリアさんも彼の擁護ができなくなると思いまして」 

セフィリア「……お礼を言うべきか困りますね」 

シャオリー「いいですよ。罰を受けて然るべきかと。クロノスの情報を部外者に流していたわけですし」 

セフィリア「貴方の処遇についてはまた後日としましょう。今は少し休みたいですから」 



193:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 02:08:19.25 ID:R+i983Izo

―数日後 アジト― 

トレイン「ふわぁぁ……。あれから何もねえなぁ。バルドルとクランツと戦うぐらいの覚悟はあったんだけどなぁ」 

スヴェン「セフィリアが何とか言い包めてくれたんだろ。賞金首にもされてねえようだしな。よかったじゃねえか」 

トレイン「隊長には悪いことしちまったなぁ」 

スヴェン「気にするなよ。お前はルパン抹殺の駒にされてただけなんだからよ」 

トレイン「……やっぱり、ルパンは捕まえたほうがいいかもな」 

スヴェン「急にどうした? 世界平和のために乗り出すのか?」 

トレイン「いや。セフィリアも悔しがってるだろうし、俺もリベンジしたいからな」 

スヴェン「お前は次元との決着をつけたいだけだろ?」 

トレイン「ああ!」 

スヴェン「といってもなぁ、あいつらは神出鬼没の怪盗さんだ。俺たち程度が持っている情報網じゃザルも同然。ひっかかるわけがねえんだよ」 

トレイン「だったら――」 

イヴ「スヴェン、電話」 

スヴェン「誰かだ?」 

イヴ「リンス。凄く興奮してるみたいだから出てあげて」 



194:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/01/22(水) 02:24:03.97 ID:R+i983Izo

―郊外― 

ルパン「さぁて、まずはどこで機材を調達するかだなぁ」 

次元「こんなちっこいオリハルコンで何を作るっていうんだよ」 

五ェ門「ペンダントか?」 

不二子「ねぇ、ルパーン。技術を売っちゃえばはやいわよぉ?」 

ルパン「まぁまぁ、待てよ。このデータが本物かどうかも調べなきゃなんねぇだろ? 俺は詐欺師にだけはなりたくないからな」 

不二子「もどかしいわねぇ」 

ルパン「石油だって油田を持ってるだけじゃ意味ねえだろ? 掘り起こす技術と売りさばくための知識知恵が必要だ」 

次元「ってことは、このオリハルコンが宝石に変わるまではもう暫くかかるってことか」 

ルパン「そういうことだな。だからといって、ぼーっとしてると大変なことになる」 

次元「ほぉ? 例えば?」 

ルパン「そうだな。既に黒猫はそこにいるからなぁ」 

リンス「ほらほら!! 居たでしょ!? 私の情報網は塵一つ逃がさないのよ!」 

トレイン「ああ、本当に凄いな。――ルパン、不吉を届けに来たぜ。受け取り拒否はできねえからな」 

ルパン「ぬふふふ。第2ラウンドといこうかい、黒猫。今度は、その不吉ごと盗んでやるよ」 


END 



転載元
ルパン三世「黒猫はそこにいる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390053528/