本編 レヴィ「ヘイ、ロック! 飲みに行こうぜ!」


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 23:58:42.75 ID:Kmc7WrC2O

    なんてこった・・・・


440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 23:58:42.82 ID:2NV4TYILO
    なんという生殺し・・・。


445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/26(月) 23:59:48.22 ID:qjj6lVer0
    こんなくだらねえもん最後まで読んでくれてありがとうよ、クソッタレ共

    書き溜め? 面倒ですだよ


455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:02:04.16 ID:mvxLNnY7O
    エピローグがあるんだろ?わかってるさ


457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:04:56.24 ID:dLvlCaRC0
    単行本にはおまけはつき物だよな?


461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:06:14.72 ID:SFVZHxt2O
    >>1にプレッシャーをかけるなボケ共。
     
     
     
     
     
     
    ( ゚∀゚)o彡°おまけ!おまけ!



474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:23:54.64 ID:dHGtexAO0
    [おまけ レヴィ・エダ・ロック編]

    レヴィ「はーはーふーん♪」ツヤツヤ
    エダ「随分ゴキゲンじゃねえかレヴィ」
    レヴィ「おうよ!!」ツヤツヤ
    エダ「で、あっちで干からびてるのは誰だ? っていうか何だ?」

    干物「……」カサカサ

    レヴィ「ヘイ、ロック! 帰ったらヤるからな!」
    干物「お……おあ……」
    エダ「ロック!? レヴィお前、どんだけ搾り取ったんだ!?」
    レヴィ「あん? 10から先は数えてねえな」
    エダ「ロック……」
    干物「た、助け……」
    エダ「ガンバ!!」ビシイッ!

    干物(エエ―――ッ!?)

    レヴィ「しょうがねえな、今日は15回で許してやるよ!」

    干物(エエエ―――ッ!!?)

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:28:53.11 ID:dHGtexAO0
    [おまけ バラライカ・張編]


    張「いい加減しつこいぞ火傷顔。勝負は無しってことになっただろうが」
    バラライカ「そうはいかん。約束は守ってもらうぞ」
    張「……チッ、仕方ねえな」

         ・    ・    ・

    バラライカ「んっ……そう、そこだ……んんっ!」
    張「おかしな声を出すな。ただの肩揉みだろう」
    バラライカ「サービスよ。本編があまりに“アレ”だったから」
    張「お前の喘ぎ声でサービスになると思わんよ。むしろ逆効果だ」
    バラライカ「軍曹~、ちょっと殺して欲しいベイヴが居るんだけど~」

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 00:37:40.92 ID:dHGtexAO0
    [おまけ ダッチ・ベニー編]


    ベニー「ああっ! 凄いよダッチ! 天国に行っちゃいそうだ!」
    ダッチ「そうか、奇遇だな。俺はそことは“逆の所”に行っちまいそうだ。むしろ、そこにサオを突っ込んでる」
    ベニー「気持ち良いかい!? 僕のアヌスをファックして、気持ち良いかい!?」
    ダッチ「最悪な事にな。このまま死んじまいたい位だよ、クソッタレ」
    ベニー「激し、激しいよ!」
    ダッチ「どれだけヤったらお前さんは“不幸な事故”が起こるのかね。それだけが望みだ」
    ベニー「うぐふぅ! 僕……僕、もうううぅ!」
    ダッチ「ベニー・ボーイ、そいつは報告しなくて良い。耳がポロリと取れちまいそうだ」
    ベニー「あっ、あああっ、ああおおおおっ!!」ビクンッ!
    ダッチ「HAHA、出る」ビュルッ、ビュッ、ビュルルウッ!
    ベニー「……た、沢山入ってきてるのがわかるよ。僕のお腹が、ダッチのでいっぱいだ……」
    ダッチ「そうかい。俺は今、なんとも言えない複雑な気分で胸がいっぱいだ」
    ベニー「もう一度かい?……もう、ダッチはエッチだなぁ」
    ダッチ「悪いがベニー。コイツから出るのは白いもんじゃあねえ」
    ベニー「えっ?」

    ダッチ「“残酷なまでに、黒いもんさ”」

    ――ドンッ!


    今度こそおわり


500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/27(火) 01:16:02.62 ID:omUPjjI5O
    前にバラライカに家招待されてベニーが好きっての書いた人か?
    おもしかったぜ!乙


    パンツ下ろしてたけど